1. トップ
  2. オフィスで悪目立ちする40歳新人の私。職場のトイレに行きづらいんです

オフィスで悪目立ちする40歳新人の私。職場のトイレに行きづらいんです

  • 2022.8.15
  • 20341 views
ある意味 私は今目立ってるわけで (C)野原広子/KADOKAWA
ある意味 私は今目立ってるわけで (C)野原広子/KADOKAWA

40代で再就職、15年のブランクでも仕事は見つかる?働ける?

子どもが小さい頃から働きたい願望を持っていたユリコ。家族の反対もあり、専業主婦として10年励んできました。はたと気づけば夫の給料は下がり続け、成長した子どもの教育費は増えるばかり。家計のピンチが目の前に迫っていました。

これはもう私が働くしかない!と再就職を決意したユリコ。ハローワークで求人を探し、食堂、スーパー、パン屋、児童館などさまざまな求人に申し込みますが、すべての面接で不採用に。焦りと苛立ち、そして自信をなくして落ち込む日々が続きます。

再度ハローワーク職員の元を訪れると、条件の良い人気求人ではなく、土休日勤務可能に切り替えて応募すればすぐ決まる!とアドバイスが。半信半疑で職員の言う通りに応募をして面接へ進むと、あっさりと採用連絡が舞い込んできました。

想定外だった印刷会社への採用に不安はあるものの、念願だった再就職に喜ぶユリコ。しかしブランクのあるお仕事再開の道には、まだまだいくつもの「壁」が立ちはだかっているようです。

※本記事は野原広子著の書籍『ママ 今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ』から一部抜粋・編集しました。

いい天気… (C)野原広子/KADOKAWA
いい天気… (C)野原広子/KADOKAWA
ふと 昼寝…したい (C)野原広子/KADOKAWA
ふと 昼寝…したい (C)野原広子/KADOKAWA
なんとなく行きづらいよねえ (C)野原広子/KADOKAWA
なんとなく行きづらいよねえ (C)野原広子/KADOKAWA
なーんて思われそうで (C)野原広子/KADOKAWA
なーんて思われそうで (C)野原広子/KADOKAWA

40歳の仕事ができない新人さん。そんな風に新しい職場で見られていると思うと、トイレに行くことすらためらってしまう。家で自由に過ごせていた今までの生活がつい懐かしく思えてくるユリコなのでした。

ブランクがあっての再就職。慣れるまでは大変に思う場面も多いかもしれません。しかし働くことで得られるのは金銭的なことだけでなく、新たな人間関係やスキルアップなどメリットもたくさん。

もしあなただったら、一歩踏み出してみますか?

著=野原広子/『ママ 今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる