1. トップ
  2. 恋愛
  3. 世界初!サステナブルな酒造りに取り組む神戸酒心館が、カーボンゼロの日本酒を販売

世界初!サステナブルな酒造りに取り組む神戸酒心館が、カーボンゼロの日本酒を販売

  • 2022.8.15
  • 150 views

日本酒「福寿」を醸造する神戸酒心館は、同社調べで世界で初めて日本酒を造る工程において、カーボンゼロ(二酸化炭素排出量が実質ゼロ※)の日本酒「福寿 純米酒 エコゼロ 720ml」1,500円(税別)を10月20日(木)に発売する。

脱炭素(カーボンニュートラル)に貢献

同商品は、極めてナチュラルな味わいを追求した純米酒であり、フードサプライチェーンにおける脱炭素(カーボンニュートラル)に貢献する日本酒だ。

「サプライチェーン排出量」のScope1(直接排出)およびScope2(間接排出)において、100%再生可能エネルギーScope2、カーボンニュートラルな都市ガスScope1に転換することで、醸造工程(Scope1 & Scope2)でカーボンゼロを達成。さらに同商品では、カーボンゼロ達成のみならず、さらなる環境負荷軽減を目指している。

精米歩合を70%から80%に変更

米の磨きを抑えることで精米工程におけるエネルギーを削減し、環境負荷を低減。

精米歩合80%の米を低温でゆっくりと発酵させ、米がもつ大地の豊かな味わいを引き出しながらも、後味の爽やかさを実現している。

醸造日数を短縮

「酒母」工程を省略することで、醸造日数を7日間短縮。「きょうかい乾燥酵母」(901号)を使用することで酒母工程が省略され、醸造日数の大幅な短縮によりエネルギー使用量を抑え、軽減環境負荷を低減している。

「エコロジー」ボトルの使用

一般びんに印刷デザインをほどこすことにより「ラベルレス」化。印刷びんで使用するインクは有鉛から無鉛に、またプリント瓶も透明瓶に静電塗装を施したものに印刷するなど、より環境負荷をかけない取り組みが段階的に進められている。

おいしさだけでなく、環境への配慮も追求した日本酒を味わってみよう。

製品ページ:https://www.shushinkan.co.jp/csr/carbonzero.html

※「サプライチェーン排出量」のScope1(直接排出)およびScope2(間接排出)が対象

元記事で読む
の記事をもっとみる