1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 岡山県西粟倉村のインテリアブランド「工房Kodama」がオンラインストアをオープン

岡山県西粟倉村のインテリアブランド「工房Kodama」がオンラインストアをオープン

  • 2022.8.15
  • 255 views

岡山県西粟倉村に工房を構え、木と鉄を使った家具や什器・雑貨を制作する「IRON&WooD 工房Kodama」。

公式オンラインストアをオープン

家具にとどまらず、アイアン製の店舗看板や公共施設の什器など、さまざまな分野のオーダーを手掛けてきた「IRON&WooD 工房Kodama」が、この夏、ブランドコンセプトを「EMPOWERMENT(エンパワメント)」に刷新し、公式オンラインストアを8月10日(水)にオープンした。

空間をより有機的な、エネルギッシュな場へとシフトさせるアイテムをリリースしている。

新作スツール3点が追加

公式オンラインストアオープンに伴い、これまで制作されてきた一点モノの家具に加え、定番ラインナップとして新作のスツールが3点追加された。

自然と共存する暮らしから生まれたデザイン、オールハンドメイドの美しい造形を、それぞれの住空間で楽しんで。

「Fio」

ポルトガル語で「ひも」「糸」を表す「Fio(フィオ)」¥28,000(税込)~。

4本の鉄脚に「ひも」を巻きつけ、結び目を付けたような柔らかな質感が特徴的。シンプルながら高度な鍛鉄技術が活かされている。

「Novo」

ポルトガル語で「新しい」という意味の「Novo(ノヴォ)」¥36,000(税込)~。

まるで踊っているようにリズミカルな鉄脚が、明るく楽しい空間を生み出す。ランダムに足を置けるフットレストが、リラクシンな雰囲気をサポートしている。

「Corior」

ラテン語で「生まれる、上昇する」という意味の「Corior(コリオール)」¥48,000(税込)~。発芽した植物が空へと昇っていくような、自然の生命力がほとばしるアイテム。鍛鉄によって生まれたしなやかな曲線が、空間をボタニカルに印象付ける。

3点とも、天板はヒノキ・栗の木・栃の木・クルミなどが使用され、高さは45cm~、天板は28cm×22cm×5cm。なお、天板の素材とサイズ(高さ)によって値段は変動する。

「IRON&WooD 工房Kodama」の公式オンラインストアで、追加されたスツールをチェックしてみては。

■IRON&WooD 工房Kodama 住所:岡山県英田郡西粟倉村大字大茅1600 公式オンラインストア:https://shop.kodamaliving.com/

(角谷良平)

元記事で読む
の記事をもっとみる