1. トップ
  2. グルメ
  3. たねやの銘菓がセントレジス風に、和洋折衷のアフタヌーン茶

たねやの銘菓がセントレジス風に、和洋折衷のアフタヌーン茶

  • 2022.8.14
  • 214 views

滋賀の老舗和菓子店「たねや」(滋賀県近江八幡市)が、大阪のホテル「セントレジスホテル大阪」(大阪市中央区)とコラボ。同ホテル初の「和」テイストのアフタヌーンティーが9月1日よりスタートする。

「セントレジスアフタヌーンティー with TANEYA」(6800円)

今回の企画では、150年の歴史を誇る「たねや」で愛される和菓子に、ニューヨークの小粋さが光る「セントレジス」のDNAをプラス。季節のうつろいや両ブランドの美意識などをスイーツに投影、ホテルならではの洗練されたアフタヌーンティーとなっている。

スタートは、抹茶碗でサーブされる抹茶ベースにカクテル要素を加えた斬新なウェルカムドリンクで。季節の花を模した上生菓子や、タルトや最中などの見た目にも美しいセイボリー全5種が楽しめる。

なかでも注目は、求肥入りの餡を食べる直前に最中で挟む「たねや」の代表銘菓「ふくみ天平」に、「セントレジス」流のアレンジを加えた一品。ガナッシュ、餡、クルミが別添えで用意され、自分好みの味を追求できるようになっている。

期間は12月4日まで。価格は6800円(税サ込)。

元記事で読む
の記事をもっとみる