1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 築54年の部屋も垢抜ける!1LDKのシンプルスッキリな一人暮らし実例

築54年の部屋も垢抜ける!1LDKのシンプルスッキリな一人暮らし実例

  • 2022.8.14
  • 8873 views

築年数の経っているお部屋だと木の温もりが感じられて味はあるけれど、どうしても古さが気になってしまいますよね。しかし、築54年のリノベーション済み団地で一人暮らしをしているというpecoさんのお部屋は、最近主流の北欧スタイルを取り入れて素敵にまとめているそうです。

整理上手なpecoさんが暮らす1LDKのお部屋

築54年のリノベーション済み団地で一人暮らしをされているpecoさん。お部屋の間取りは40平米の1LDK。もともとは2DKの間取りだったとのことですが、リビング・ダイニングが一つにつなげられて、今では広めの一部屋に。内装は全体的に白で統一されているので、明るく奥行きのある印象。木製インテリアが多く取り入れられた、北欧シンプルスタイルのお部屋です。

使いやすく収納された「キッチン」

吸盤で取り付けるフックやバーを使った「浮かせる収納」が活躍しているキッチン。フライパンや鍋蓋、キッチンツールなどの調理に使用するものはすべてここに集結。見た目の美しさはもちろん、使いたい時にサッと手に取ることができて便利ですね。

こちらは、pecoさんが引っ越し前から購入を決めていたという大きなステンレスのワゴン。作業台兼収納として活躍しているそうです。

浮かせる収納で整理整頓された「浴室」

バスルームの中でも吸盤式のバーなどを取り入れた「浮かせる収納」が大活躍。すっきりと美しく整う上に、掃除のしやすさにもこだわりが感じられます。すべてが白で統一されているのも清潔感があって素敵ですね。

押入れを活用した「ワークスペース」

6畳の和室は、ベッドルーム兼ワークスペースとして使用されています。
「一部屋くらい畳の部屋があるほうが落ち着きます。畳ならベッドを買わなくてもいいのも楽でした。」と、pecoさん。

押入れ収納は衣類を半分に収めて、あとの半分はデスクとして使用されているそうです。よく見ると、外したふすまが奥に収納されていて、壁面収納として活躍中。モニターなど見せたくないものには布をかけ、収納ボックスも白や木製のもので統一されています。

白と木製インテリアでまとめられた温かみある雰囲気

白壁にナチュラルな木製インテリアが配置された、pecoさんが暮らす北欧風の1LDKルームをご紹介しました。壁面を利用した浮かせる収納やひとつで2役こなすインテリアを上手に取り入れて、すっきりとしたお部屋にまとめられています。また、ごちゃごちゃとモノを置かずに空間を生かした配置も心がけられていて、居心地のいい空間を演出。温かみのある居心地の良い雰囲気で、つい長居したくなっちゃいそうですね。

writer / goodroom photo / goodroom journal

取材協力

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal
https://www.goodrooms.jp/journal/

元記事で読む
の記事をもっとみる