1. トップ
  2. 『ANIMALS』最終話 鈴木愛理&本田響矢、空港で何度も交わすキスに感動と興奮の声 2人のその後を描く続編も配信

『ANIMALS』最終話 鈴木愛理&本田響矢、空港で何度も交わすキスに感動と興奮の声 2人のその後を描く続編も配信

  • 2022.8.13
  • 220 views
ドラマ『ANIMALS‐アニマルズ‐』最終話 場面写真 (C)AbemaTV, Inc. width=
ドラマ『ANIMALS‐アニマルズ‐』最終話 場面写真 (C)AbemaTV, Inc.

鈴木愛理が主演を務めるドラマ『ANIMALS‐アニマルズ‐』(ABEMA SPECIALチャンネル/毎週木曜22時)が最終話が11日放送され、最高の自分に生まれ変わろうとする大逆転ラブストーリーがラストを迎えた。

【写真】大逆転ラブストーリー!『ANIMALS』最終話 鈴木愛理&本田響矢、空港でのキスシーン

第7話で、鹿森海(鈴木愛理)に告白をした長嶺風緒(本田響矢)。突然の告白に驚く海に、風緒は一度は夢だった海外での活動を辞めようとしていた過去を明かし、海に出会って「自分に嘘をつきたくない」と改めて海外行きを決意したことを伝える。「私はどうしたらいいの」と残される形になった海は弱音を漏らすと、風緒は「なりたい自分になりな。さっさと幸せになりな」と励ますと、涙を浮かべる海を置いて去ってしまう。

「ANIMAL BEAUTY」では、ゆかと海が引き起こしたトラブルを、社長である榊圭祐(白洲迅)自らフォローし、解決の方向に進めるが、海はトラブルを引き起こした責任感からか、仕事でも空回りしてしまう。そんな海のもとに、ゆかが謝罪に訪れるが、謝るのは自分の方だとゆかを諭し自分の非を改めて謝罪。疲労の色がまだ見える2人は、しばらく休みをとるように圭祐から指示される。意気消沈の海は、いつものラーメン店に行くと、そこには風緒が訪れており、風緒が明日海外に旅立つことを知る。

翌朝、海はいつものように出社するが、なぜかオフィスに入れなくなっていたが、残業時間が規定を超えていたため、圭祐と副社長の醍醐悟(猪塚健太)が、海を出社させないように取り計らっていた。「会社に行かせてください」とせがむ海に、圭祐は「我慢せず自分の行きたいところ、会いたい人に会いに行きなさい」と助言をすると、海は少し考え込み、空港へ向かい走り出す。

出発ロビーに向かう風緒のもとに走ってきた海は、突然風緒にキス。「負担にならないかなとか、風緒の将来の邪魔になっちゃうんじゃないかなとか、今の自分は釣り合わないんじゃないかなとか、色んな事考えたけど全部やめた!」と言い、「私も風緒が好き」と想いを伝える。その後いつものように憎まれ口を叩く海に、風緒もキスをし、これまでの想いを確かめ合うように2人抱き合う。やっと想いが通じ合った2人に、視聴者からは「海と風緒、よかった…最高すぎる…!」「キュンキュンしすぎて心臓が張り裂けそう」「風緒の大好き、イヤホン推奨!」と感動と興奮の声が寄せられた。

なお、スピンオフドラマ『ANIMALS-アニマルズ- 帰国編』が全2話で配信。晴れて付き合うことになった海と風緒のその後のエピソードが描かれる。

元記事で読む
の記事をもっとみる