1. トップ
  2. メイク
  3. 顔の印象を決める!垢抜け「眉メイク」の作り方

顔の印象を決める!垢抜け「眉メイク」の作り方

  • 2022.8.13
  • 11682 views

顔の印象を大きく左右するとも言われている眉。それと同時に眉メイクは「うまく描けない」「どんなアイテムを選んだらいいかわからない」など悩みの多いパーツでもあります。

キレイな眉メイクのコツをマスターすれば、朝のストレスが減って、鏡を見るたびに気分も上がるはず♪

今回はコスメコンシェルジュの稲毛登志子さんの連載の中から、今どきの垢抜け眉メイクの作り方をご紹介します。

コツをつかめば簡単!「平行眉」の描き方

眉メイク
朝時間.jp

最近はナチュラルな平行眉がトレンド。とはいえ、元々がアーチ型やまばら眉だと、そこから平行にするのは難しそうに思えますが、コツさえつかめば簡単に並行眉は作れますよ♪

まず最初にするのが目印をつけること。下の写真のマルで囲っている眉頭と眉尻の2か所にアイブロウペンシルで印をつけていきます。

眉メイク
朝時間.jp
【ポイント1】眉頭と眉山の高さを揃える

眉頭と眉山と同じ高さから始めることで、アーチ型にならないようにします。もとの眉頭よりもだいぶ高い位置になるかもしれませんが、思い切って描いていきます。

【ポイント2】眉中~眉尻にかけてハッキリ形をとる

眉の真ん中から眉尻にかけて、眉の上下を囲うように眉の形を描きます。こうすることで眉の輪郭がはっきりして、より理想的な平行眉が完成します。

眉メイク
朝時間.jp

アイブロウパウダーで眉全体を色付けしながら目印のラインをぼかして、最後に毛流れを整えたら、ナチュラルな並行眉の完成です♪

より自然な仕上がりにしたい時は、眉マスカラを使うのがおすすめ。髪色に合わせたカラー、もしくは髪色よりも少し明るいものを選ぶと、垢抜けた印象になりますよ。

(参考:コツは1つだけ!簡単に今っぽい顔になれる「平行眉」の描き方♪)

3分でできる!「セルフカット術」

キレイな眉毛を描くためには、土台となる自眉を整えることも大切!メイク前に短時間で処理してしまいましょう。

【STEP1】ペンシルでなりたい眉毛の形を描いて、要らない産毛をそる

思いつきでカットすると、細すぎた、短くなりすぎた、左右非対称…など失敗しがち。

まずアイブロウペンシルで理想の眉を描いてから、枠からはみ出ている産毛をシェーバーで剃りましょう。

電気シェーバーはカミソリよりも肌への刺激が少ないので、肌荒れや敏感な方にもおすすめです。

自眉整える_枠を取る
朝時間.jp
【STEP2】眉頭をカットしてから、その他の長い毛をカット
朝時間.jp

眉頭の毛が長い場合はコームやスクリューブラシで上方向に撫でつけて、はみ出た部分を眉バサミでカット。トレンドは「上向き眉頭」。眉頭の毛を立ち上げると、今風のヘルシーな印象になります。

眉メイク
朝時間.jp

全体を見て、最初に描いた枠から出ている毛があればハサミでカット。この時もブラシで自然な毛流れにしながら整えていくことがポイントです。

【STEP3】眉メイクをして全体を確認する

最後に眉全体を描いてみて、形や左右の高さがOKか確認して完成♪

定期的に自眉を整えておくことで、普段のメイクがスムーズに済みますよ。

(参考:メイク前3分で垢抜ける!失敗しない「眉毛」セルフカット術♪)

*****

キレイな眉の描き方、整え方を習得すれば、朝のメイク時間が短縮されてストレスも減りそうですね。

眉メイクが苦手な方、今風の垢抜け顔を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

元記事で読む
の記事をもっとみる