1. トップ
  2. レシピ
  3. 手が込んだ風に見えて実は簡単! “オシャレなおうち飲みが叶う”褒められおつまみレシピ

手が込んだ風に見えて実は簡単! “オシャレなおうち飲みが叶う”褒められおつまみレシピ

  • 2022.8.12
  • 888 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

暑くて暑くて、ビールやハイボールが進む毎日を送っている私ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

冷奴に、かまぼこなど、火を使わない手軽なものをおつまみに飲んだりもしておりますが、夏休みや帰省などで友人や親族での集まりなども多い季節ですよね。そんな時に困るのがちょっとしたおつまみ。

そこで今回は、少し手が込んでいる風の簡単おつまみをご紹介します。

1:BBQにもおすすめ!「砂ずりとしいたけのアヒージョ」

「アヒージョ」は、ニンニクで香りをつけたオリーブオイルを使って具材を煮込んで作る料理。お酒との相性もばっちり。私はBBQの時に箸休めとして、炭火で作ったりもしますよ。

アンチョビを入れたりもするアヒージョですが、なくてもばっちりおいしく作れます。

砂ずりとしいたけのアヒージョ
画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)※15cmの耐熱陶器皿を使用
砂ずり・・・80g(対になったもの3個程度)
しいたけ・・・中3~4個
たかのつめ・・・2本
にんにく・・・1片
パセリ・・・適量
オリーブオイル(ピュア)・・・適量
塩・・・小さじ1/3
コンソメ(顆粒)・・・小さじ1/3
ブラックペッパー・・・適量
レモン・・・お好みで
バゲット・・・お好みで

<作り方>

(1)にんにくは皮をむき薄切りにする。たかのつめは半分に割り、種を取る。しいたけは1/4に切る。砂ずりは対を分け、両側についている青白い部分を取りのぞき(黄色い脂肪がついていたら一緒に取りのぞく)、それぞれを2~3等分に切り、塩をする。

(2)耐熱陶器皿に1cm程度のオリーブオイルと、にんにく、たかのつめを入れて火にかける。

(3)オイルがくつくつとして、にんにくの香りがたってきたら、砂ずりを入れる。

(4)砂ずりの表面が白くなったら、しいたけを入れ、時々混ぜながら弱火でさらに5分程度煮る。

(5)コンソメ、塩(分量外)、ブラックペッパーで味をととのえ、パセリを散らす。

(6)お好みでレモンやバゲットを添える。

具材は火が入ると縮むので、ぎゅうぎゅうに詰め込んで作って大丈夫です。パセリはどっさり入れてOK。

2:なす×トマトはベストフレンド「揚げなすとおろしトマトのマリネ」

味付けはごくごくシンプル。野菜の旨みとクミンの風味でシンプルイズベストのおいしさです。

揚げなすとおろしトマトのマリネ
画像:中願寺あゆみ

【材料】(1~2人分)
なす・・・1本
にんにく(すりおろし)・・・少々
トマト・・・中1個
クミンシード・・・小さじ1/6
オリーブオイル・・・適量
ブラックペッパー・・・適量
塩・・・小さじ1/3

<作り方>

(1)なすは1cm程度の輪切りにする。

(2)トマトはおろし金でおろすか、みじん切り器で細かくし、にんにくと混ぜ合わせ、塩で味をつけて冷やす。クミンシードは乾煎りをして香りを出す。

(3)フライパンに少し多めのオリーブオイルとなすを入れ、なすにオリーブオイルを絡ませた後、火にかける。

(4)なすの両面に焼き目がつくようにじっくり焼く(途中、油が少なくなったら足しながら焼く)。

(5)(4)のなすを器に盛り、クミンシードを指で潰しながら上からまぶす。ブラックペッパーをふり、オリーブオイルを垂らす。

とろんっと焼けたなすっておいしいですよね。出来立ても、冷やしてもどちらで食べるのもおすすめです。そしてこのフレッシュトマトのソースは、焼いたチキンにもよく合いますよ。

今回は、少し手が込んでいる風の簡単おつまみをご紹介しました。ぜひ作ってみてくださいね。(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

元記事で読む
の記事をもっとみる