1. トップ
  2. 『百花』菅田将暉、原田美枝子、長澤まさみのコメント&初解禁シーンも収録の特別映像公開

『百花』菅田将暉、原田美枝子、長澤まさみのコメント&初解禁シーンも収録の特別映像公開

  • 2022.8.12
  • 135 views
映画『百花』場面写真 (C)2022「百花」製作委員会 width=
映画『百花』場面写真 (C)2022「百花」製作委員会

俳優の菅田将暉と原田美枝子がダブル主演し、長澤まさみが共演する映画『百花』より、キャストのインタビュー映像や初解禁シーンが散りばめられた、1分間の“公開記念特別映像”が公開された。

【動画】豪華俳優陣が語る『百花』公開記念特別映像

本作は、映画プロデューサー・脚本家・小説家として『告白』『悪人』『君の名は。』など多数の映画を製作してきた川村元気による4作目の同名小説(文春文庫刊)を映画化したもの。川村自身が監督・脚本を務める。

レコード会社に勤務する葛西泉(菅田)と、ピアノ教室を営む母・百合子(原田)。ふたりは、過去のある「事件」をきっかけに、互いの心の溝を埋められないまま過ごしてきた。そんな中、突然、「半分の花火が見たい…」と百合子が不可解な言葉を発するようになる。それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。

認知症と診断され、次第にピアノも弾けなくなっていく百合子。やがて、泉の妻・香織(長澤まさみ)の名前さえ分からなくなってしまう。皮肉なことに、百合子が記憶を失うたびに、泉は母との思い出を蘇らせていく。そして、母子としての時間を取り戻すかのように、泉は母を支えていこうとする。

だがある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。

母の記憶が消えゆくなか、泉は封印された記憶に手を伸ばす。一方、百合子は「半分の花火が見たい…」と繰り返しつぶやくようになり…。「半分の花火」とはなにか? ふたりが「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる。

キャストのインタビュー映像で菅田は、「普段から目をそらしているわけではないが、もう少し向き合わなくてはならない現実的な問題がたくさん描かれている」と本作についてコメント。

長澤は本作の映像について、「現実と記憶の世界だったり、ごちゃ混ぜになっている物語だから、どういう映像で観れるんだろうと思っていたんですけど、本当に美しかったですね」と感動の様子。

原田は、「今まで見たことのない切り取り方で親子の関係を撮りたかったと思うので、ぜひそれを感じ取っていただけたら」と本作をアピールしている。

この公開記念特別映像は本日より、『百花』上映予定の一部の劇場においても幕間で観ることができる。

映画『百花』は9月9日より全国公開。

映画『百花』公開記念特別映像

元記事で読む
の記事をもっとみる