1. トップ
  2. おでかけ
  3. ジャン=ジャック・ベネックス監督を追悼 『ディーバ』デジタルリマスター版が9月公開

ジャン=ジャック・ベネックス監督を追悼 『ディーバ』デジタルリマスター版が9月公開

  • 2022.8.12
  • 103 views
『ディーバ デジタルリマスター版』(c)1981 STUDIOCANAL

2022年1月13日に亡くなったジャン=ジャック・ベネックス監督を追悼し、代表作『ディーバ』のデジタルリマスター版が9月16日より全国公開されることが決定した。

『溝の中の月』『ベティ・ブルー』を手掛け、リュック・ベッソンやレオス・カラックスと共に、1980年代のフランスで興った“シネマ・デュ・ルック”の監督として括られたベネックス監督。本作は、そんな彼が1981年に手掛けた長編デビュー作であり、シネマ・デュ・ルックの象徴的作品だ。

9月2日から開催される「Peter Barakan’s Music Film Festival 2022」での上映を経て、9月16日から正式に劇場公開されることが決定。なお、デジタルリマスター版での上映となる。

ハイカルチャーとサブカルチャー、西洋文化と東洋文化、スリラーとロマンスとアクションなど、一見相容れない要素を融合させた本作は、初公開時世界中で話題となり、セザール賞4部門を受賞。日本では1983年に初公開された。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる