1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【衝撃】子どもの私立校通いを鼻にかけるママ友。→数ヶ月後、息子のクラスに現れた”転校生”に騒然…<これって嫌がらせですか?>

【衝撃】子どもの私立校通いを鼻にかけるママ友。→数ヶ月後、息子のクラスに現れた”転校生”に騒然…<これって嫌がらせですか?>

  • 2022.8.12
  • 35418 views

ある程度子どもが大きくなると、子どものことと同じくらいに悩ましいのが「ママ友」。 今回は、ユーザーがママ友でちょっと頭を悩ませたエピソードをご紹介します!

お願いはエスカレートしていき…

子どもを同僚と同じ保育園に預けていた私。 終業時刻から保育園が閉まる時間が30分ほどしかなくて、いつも急いでお迎えに行く状態でした。 ある日、仕事が押していてお迎えに間に合わないと同僚から電話がかかって来て、 先に出た私に一緒にお迎えして保育園の外で待っていてとのこと。 その時はお互い様だし、延長料金を取られるのも可哀想だったので了承しましたが… だんだんその回数が増えていきました。 そしてとうとうお迎えした後に「ついでだから家まで連れて来て」と言われるように。 私だって同じ条件で働いているのに…。 それ以降、何となく距離を置くようにしていましたがその後、 お休みの友達にわざわざお迎えに行ってと電話を掛けるようになったらしいです。 (30代/会社員)

小学校受験を鼻にかけていたママ友は…

私立小学校受験で幼稚園の年少から塾通いをさせていたママ友が、 そのお受験が近づくにつれて公立組(非・お受験組)のママたちにマウントを取り始めました。 とはいえ、その地区の公立小学校はモデル校で落ち着いた環境にあり、 よその学区から通っている子も多かったので特に私立のお受験を考える必要もなかったのです。 受験の結果、お子さんが志望校に合格したママ友は鼻高々で、 公立組のママたちに「住む世界が違う」とか「親が努力しなくちゃ!」などと 結構な暴言を吐いて卒園していきました。 しかし小学校に入学後、そのママ友の子は重たいランドセルを背負って 毎日満員電車に40分乗って通うことに疲れて登校拒否状態に陥り、 1年生の夏休み明けに公立小学校の息子のクラスにに転校してくることになったのです。 噂では、お父さんは私立受験をあまり良く思っておらず、 近くの公立小学校でのびのびさせたかったのだとか。 あれだけ公立小学校を蔑んでいたママ友は行事でも誰にも相手にされず、 次第に見かけなくなっていきました。 (54歳/アルバイト)

いかがでしたか?

子どものためとはいえ、どうしても仲良くなれないママ友もいますよね…。 みなさんだったらどうしますか? ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(liBae編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる