1. トップ
  2. 恋愛
  3. 気になる色はどれ?占い師・淡の間による「3minutes Reading」vol.31

気になる色はどれ?占い師・淡の間による「3minutes Reading」vol.31

  • 2022.8.12
  • 1014 views

満月は古来から「達成・完了」の象徴といわれ、自分を省みるのにぴったりな時期なんだそう。そんな特別なタイミングに合わせて毎月、ミレニアル世代の占い師・淡の間(あわいのま)さんが運命をリーディング。所要時間はたった3分! 3色のモチーフから気になる色を選ぶと届く、今月のあなたにぴったりなオラクルメッセージ。

3色の水風船のうち
直感で惹かれる色を選んでください。

うだるような暑さに、胸をよぎるのは子どもの頃の夏の思い出かもしれません。縁日で人気だった、なつかしい「水風船」が今月のモチーフです。そろそろ一番暑い盛りを過ぎて、次の季節の気配を運ぶノスタルジックな風が吹いてくる頃でしょうか。まだまだ熱中症には注意しつつ、夏を楽しみきりましょう。


人生はバイオリズム。晴れの日と雨の日があるように、運気も上がったり下がったりしながらゆらゆら揺れ動いているものです。例えば、「やっとここまで来た〜!」ってガッツポーズの1つや2つ飛び出しちゃいそうなくらいハッピー!な気持ちになったのも束の間、すぐにまた次の課題がやってきて不安が押し寄せる。「もういい加減疲れちゃった。どこかに一生安心していられる保証とか売っていないかな……」なんて、ジェットコースターみたいなメンタルの振り幅にぐったりしていませんか? 理想を言えば、少しの通り雨は楽しめるくらいドーンと構えて過ごしたほうが精神衛生上いいはず。調子に乗り過ぎず、疑心暗鬼にもなりすぎず、運命のバイオリズムを信じることが幸せへの近道なのです。

P.S. 悩んでいるときだけでなく、幸せになったらなったで不安。そうやって疑心暗鬼になりがちなのを意識的にやめてみると……、ほら、十分幸せだって分かるはず。

まるで真っ暗なトンネルを手探りで歩いているかのように、これまでの自分から生まれ変わりたくて、今の状況を手放したくて、もがいている最中かもしれませんね。いくら気持ちがはやっても焦りは禁物。こういうときは、出来ることを着実に積み重ねていくのが一番です。周りと自分を比べたり、SNSに溢れるまやかしの理想像を過度に崇めたりせず、目の前にある現実を見据え、黙々と目標に向かって打ち込みましょう。なんだかんだ言って何事も基礎練習の反復に勝るものはありません。運命とは不思議なもので、タイミングがきたときにはすんなりと事が運ばれます。「今」がその分かりやすいタイミングではないものの、あなたの積み重ねは必ず「未来」へとつながっているから。

P.S. 誰かがあなたのひたむきな姿勢に感銘を受け、それが運命の出会いにつながりそう。必ずしも恋愛とは限りませんが、きっと人生を豊かにしてくれるはずです。

少々、注意が必要です。今までコツコツ築いてきた城を一夜にして奪われるかのような、予想外のアクシデントに見舞われるかもしれません。悪夢のような展開にいっとき気分が落ち込んでしまうかもしれませんが、大丈夫です。これは運命があなたの本領を試しているだけなのですから。「あなたの本気はこんなものだった? そんなわけないよね? まだまだやれるよね!」と、ハッパをかけられていると捉えてください。名作映画にはハプニングが付きもの。だからこそ、物語がドラマチックになるわけです。今のあなたの状況は別の見方をすれば、革命前夜のような空気感をまとっています。逆境すらもストーリー性というアクセサリーに変えて、人生の肥やしにしていきましょう。

P.S. 信頼は一旦失うとなかなか元に戻りにくいものです。心当たりがある人は、関係がこじれる前に相手に連絡を。誠意をもったコミュニケーションが肝心です。

元記事で読む
の記事をもっとみる