1. トップ
  2. 恋愛
  3. “イッキ見”必至の新ドラマ誕生か。Netflix新作『模範家族』制作発表会の様子

“イッキ見”必至の新ドラマ誕生か。Netflix新作『模範家族』制作発表会の様子

  • 2022.8.11
  • 1728 views

8月9日、Netflix新作シリーズ『模範家族』の制作発表会が行われ、主演俳優チョンウ、パク・ヒスン、ユン・ジンソ、パク・チヨンと、キム・ジヌ監督が出席した。

同作は、自己破産と離婚の危機を迎えた平凡な男が偶然、死んだ者が残したお金を発見し、犯罪組織と絡み合うことで繰り広げられる犯罪スリラー。『恋するアプリ Love Alarm』シーズン2のキム・ジヌ監督が演出を務め、一丸となった家族が犯罪組織に対抗しながら“模範的な”家族に変わっていく様子を描く。

この日、チョンウは「(豪雨の影響で)記者さんたちが無事に来られるか心配していた。お足元が悪い中、ご足労いただいて感謝する。どうか雨の被害がないことをお祈りする」と口を開いた。

そして「台本を受け取って、その場で一気に読み終えた。台本に具体的に出てくる内容が、頭の中で描かれた。(自分が演じる)トンハというキャラクターは、一度もやったことのない役どころだ。彼は非常に平凡な市民で、極限の状況におかれることで怪物に変わっていく。幼い頃からのトラウマがとある事件によって発症し、両面性を見せてくれるのが印象的だった」と紹介した。

パク・ヒスンは「ある日、チョンウが『ごめんな、二度としないから』としきりに謝っていた。一体誰に謝ってるのか気になって覗くと、1人でセリフの練習をしている。それくらい、彼は現場で頑張っていた」とチョンウを褒め、現場を和ませた。

左からチョンウ、パク・ヒスン(写真提供=OSEN)

パク・ヒスンは作品を選んだ理由について「非現実的でありながら現実的で、笑えるし悲しい状況が重なって興味深かった。緊迫感あふれる状況に魅了された」と明かした。

司会を務めたパク・キョンリムから「前作『マイネーム:偽りと復讐』では“大人の色気”披露したが、今回はどうか?」と聞かれると、パク・ヒスンは「大人の色気までは分からないが、“大人”は見せられる。歳をとったので」とコメント。

その言葉を受け、チョンウは「パク・ヒスン先輩がとてもセクシーに映る。『マイネーム』とは違うセクシーさがある。一緒に演じながら感じた」とフォローした。

チョンウは最後に「僕が台本を読んだ時のように、おそらく1話を見始めたら最後までイッキ見せざるを得ないはずだ。日の出や日没の時間まで合わせながら、心血を注いで準備した。少し物足りない部分があっても大目に見ていただけると頑張って良い姿、良い作品を届けるようにする」と自信を示した。

パク・ヒスンは「僕を除いて、ここにいる俳優たちの名演技が見られるはずだ。そして『模範タクシー』や『模範刑事』など、類似するタイトルに気をつけてほしい」と、ユーモアに富んだコメントで視聴を呼びかけた。

左からキム・ジヌ監督監督、チョンウ、ユン・ジンソ、パク・チヨン、パク・ヒスン(写真提供=OSEN)

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる