1. トップ
  2. 『サイコだけど大丈夫』ソ・イェジ主演 サスペンス映画『君だけが知らない』10月公開

『サイコだけど大丈夫』ソ・イェジ主演 サスペンス映画『君だけが知らない』10月公開

  • 2022.8.10
  • 87 views
映画『君だけが知らない』ポスタービジュアル (C)2021 CJ ENM.All Rights Reserved. width=
映画『君だけが知らない』ポスタービジュアル (C)2021 CJ ENM.All Rights Reserved.

大ヒット韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』のソ・イェジが主演を務めるサスペンス映画『君だけが知らない』が、10月28日に公開されることが決定。併せて予告編とビジュアルが解禁され、監督からのコメントも到着した。

【動画】緊張と衝撃では終わらない!? 新たな韓国サスペンス誕生――『君だけが知らない』予告編

主人公・スジン役は、ドラマ『サイコだけど大丈夫』で日本でも一躍有名になったソ・イェジ。その夫・ジフン役を、実力派俳優として確固たる地位を確立しているキム・ガンウが演じる。

メガホンをとるのは女性監督のソ・ユミン。彼女は『八月のクリスマス』や『四月の雪』を手掛けた、ホ・ジノ監督のもとで長年にわたり助監督や脚本を手掛け監督デビュー。本作が初監督作品ながら、2021年の韓国公開時には韓国ボックスオフィス初登場で1位を記録した。

物語は主人公・スジンが不慮の事故に遭遇したことで動きだす。事故の影響によって幻覚で未来が見えるようになり、彼女の身の周りでは不可解な事件が次々と起こるように。壊れた記憶、身元不明の遺体、怪しい隣人と謎の少女、そして、優しすぎる夫。過去・現実・未来―真実は一体どこにあるのか? ノンストップで繰り広げられる怒涛のクライマックスですべてが逆転する。

解禁された日本オリジナルの予告編は、入院中のスジンが夫・ジフンに献身的にサポートされる穏やかなシーンで始まるが、トラックに轢かれそうになる少女の幻覚(未来)が見えたことで事態は急変。目まぐるしく物語が展開されていく様が確認できる。

ポスターに描かれた耳を澄ませているようなスジンの仕草や、下段に書かれた「主人公は二人いる。」という意味深なメッセージも気になるところ。

ソ・ユミン監督は「物語のインスピレーションは、私が日常生活で感じた恐怖です。一番近い関係にある恋人や、親密な夫婦関係にある人が、見たこともない表情を見せた瞬間があり、その人が本当に自分の知っている人なのかと恐怖を感じることがありました。驚きだけではなく、真実を知った先にカタルシスを感じてもらうことを念頭におきながら作りました」と本作について自身の体験を交えながら語る。

また、日本での公開について「成瀬巳喜男監督の『浮雲』から濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』まで、数え切れないほどの作品を見てきた日本映画ファンとして、私の映画が日本で公開されるのはとても新鮮な思いです。洗練された感覚を持つ日本の観客の皆さんがどのようにご覧になるのか、私は非常に興味があり、緊張しています。上映をお楽しみください」とメッセージを寄せた。

映画『君だけが知らない』は10月28日より公開。

映画『君だけが知らない』予告編映像

元記事で読む
の記事をもっとみる