1. トップ
  2. レシピ
  3. 写真を撮る手が止まらない♡ かわいすぎる「アニマルグルメ」【和歌山県白浜町】

写真を撮る手が止まらない♡ かわいすぎる「アニマルグルメ」【和歌山県白浜町】

  • 2022.8.10
  • 3068 views

人気のパンダや動物を見に『アドベンチャーワールド』を訪れる方も多いのではないでしょうか。

今回は、パーク内にあるおすすめのキッズメニューやかわいい肉まんをご紹介します。ぜひ訪れる際の参考にしてください。

■1:ステーキやハンバーグなどサファリをテーマにしたメニューを堪能「サファリレストラン Jambo」

画像:MAYU

『サファリワールド』の入口に近い場所にある『サファリレストラン Jambo(ジャンボ)』。

画像:MAYU

サファリをイメージしている店内は、子どもや大人にも大人気。ゆったりと座れる椅子とテーブルがあり、小さな子ども連れも安心して来店できますよ。

画像:MAYU

子ども連れのお客様には無料で塗り絵と色鉛筆のプレゼントが! 待ち時間も楽しく過ごしてほしいという思いが込められているのだそう。

(1)食べるのがもったいない♡ ワンプレートでいただく「トットプレート」
画像:MAYU

ワンプレートで色々食べたい方には、『トットプレート』(1,730円・税込)がおすすめ。ハンバーグやから揚げなど、子どもが喜ぶおかずが勢揃い。ご飯はゾウの顔になっており、見た目もワクワクするメニューです。

(2)子どもに大人気!甘口の「ライノミニカレー」
画像:MAYU

ライノ(サイ)の形をしたご飯が盛られている『ライノミニカレー』(1,080円・税込)。子ども向けの味付けになっており、見た目が可愛い! と人気なんだそう。他にもステーキやハンバーグなど、大人も楽しめるメニューが揃っているのでぜひ訪れてみてください。

■2:小腹が空いた時の救世主♡ 「パンダ肉まん」

画像:MAYU

小腹が空いた時に、パクッと手軽に食べられる『ふたごパンダ肉まん』(2個セット600円/単品350円・税込)。2個セットだと少しお得になるので、2つ並べてキュートな写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

※パーク内の飲食店各所で販売

■3:パーク限定のボトルでしっかり水分補給!「パンダドリンクボトル」

画像:MAYU

注文すると選んだソフトドリンクを入れてくれる『パンダドリンクボトル』(1,500円・税込)。おかわり(250円・税込)もできるので、暑い日の水分補給にピッタリ! 小ぶりのボトルですし、首からかけられるので、ぜひパーク内でゲットしてください。

※パーク内の飲食店各所で販売

<スポット詳細>
アドベンチャーワールド
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話番号:0570-06-4481(代表)
営業時間:10:00〜17:00(『NIGHT ADVENTURE2022』の開催期間は20:00まで夜間特別営業)
定休日:不定休

パーク内では和食、イタリアン、洋食などジャンルを問わずたくさんのメニューが楽しめます。どれも『アドベンチャーワールド』がより楽しくなるメニューばかりなので、その日の気分でチョイスしてみてください。(取材・文/MAYU)

【画像】
※ MAYU

最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

元記事で読む
の記事をもっとみる