1. トップ
  2. 恋愛
  3. 誕生日で占い、驚くほど的中! 「蛙亭イワクラと浴衣でふたり」ゲスト、法演の凄腕鑑定

誕生日で占い、驚くほど的中! 「蛙亭イワクラと浴衣でふたり」ゲスト、法演の凄腕鑑定

  • 2022.8.10
  • 533 views

夏と言えば浴衣、浴衣と言えば縁側、というわけで(?)2022年の夏に開催された、吉本興行の人気芸人たちによるトークイベント「夏休み特別公演!○○と浴衣でふたり」。

芸人さん自身が呼びたいゲストと、さしでたっぷりトークをするという企画なのですが、蛙亭・イワクラさんの回のゲストはテレビで共演中の占い師・法演さん。この2人がトークをするなら聞くしかない! ってことで遊びに行ってきました。

■THE 夏なステージでさしトーク
当日の公演スケジュールはこちら。イワクラさんと法演さんのトークは15時30分スタートです。

劇場に入ると、目に飛び込んできたのは、かわいい飾りがついた簾(すだれ)に風鈴、ブタさんの蚊取り線香、そして、巨大なかき氷のバルーン。

これでもかというほど“夏”を詰め込んだステージに、艶やかな浴衣姿のイワクラさんと、テレビでおなじみの衣装をまとった法演さんが登場しました。

■共演番組のウラ話……実は裏が一番面白い?
トークは、2人が共演している『占いリアリティーショー どこまで言っていいですか?』(テレビ東京)のウラ話からスタート。

占い師4人が、出生日・出生時間・出生地・性別といった情報だけで占って、番組ゲストの人物像を予想している、と説明したイワクラさんは「毎回当たってる」と言い、「本当にすごいのを知ってほしい!」と強調します。

番組MCのイワクラさんは事前にゲストを知らされているため、占い師たちが特徴を言い当て、ときには本人の名前まで的中させるので、その度に本気で驚いているそうです。

法演さんはゲストによって、テレビでは話せないことが占いにたくさん出てしまったときの、占い師たちの胸の内を告白。また、収録当日、テレビ局内で占い師とゲストが鉢合わせしないように、スタッフがいかに気を遣っているか、なんてエピソードも披露しました。

■名前を伏せて、その場で芸人の人物像を鑑定
普段、番組でやっているように、相手の名前を知らない状態でその人の特徴や性格を占ってほしい、とのイワクラさんの希望で、急遽、公開鑑定をすることに。イワクラさんがある人物の出生日などを伝え、法演さんはオリジナル占術「MITSURI」を用いて占います。

相手は男性の芸人さん2人ということしかわからない中、鑑定がスタート。「9月生まれの方はこんなタイプ」「6月生まれの方はこういう性格」「2人とも面倒くさい人」などとテンポよく占い、イワクラさんは相槌を打ちつつ、大笑いします。

途中でイワクラさんが、占われている人の名前をノートに書いて客席に見せているので、法演さん以外は全員、誰だか知っている状態です。どちらの芸人さんも、かなり当たっていたようでお客さんも大爆笑。イワクラさんに至っては「楽しい」と足をバタつかせていました。

鑑定を終え、「レインボー」のジャンボたかおさんと池田直人さんを占っていたことを知った法演さんは「あ、そうなんだ!」とびっくり。その後「なるほどー」と納得の表情を見せます。

■やらせ一切ナシ! 占う相手をお客さんが決める
次はイワクラさんが、お客さんに誰を占ってほしいかを聞きに行き、その芸人さんの出生日などをスマホでチェック。最低限の情報を聞いた法演さんは、今度は女性2人を占いました。

「2人とも華やかな雰囲気で出たがり」と言ったうえで、それぞれの性格を次々に導き出すと、イワクラさんは「しっくりくる」「面白れぇ」とコメント。法演さんはテレビで見えている部分だけでなく、芸人同士でなければ知らない裏の顔まで言い当てていたようです。

このときに占っていた2人は「エルフ」の荒川さんとはるさんでした。満足のいく鑑定結果だったらしく、お客さんも大盛り上がり。

■熱愛報道があった噂の彼の話題も
イベントの終盤には、例の彼氏さんの話題も飛び出しました。法演さんは、暴露数「8」と「12」を持つ彼氏さんの恋愛傾向や好きな女性への接し方をズバリ言い当て、イワクラさんは一気に乙女な表情に。

「生年月日だけで観ると、お相手はイワクラさんの好みのタイプではないはず」と言う法演さんに、本人が「絶対(彼のことを)好きにならないと思ってました」と明かしたりも。一方、彼にとってはイワクラさんはもともと好きなタイプだった模様です。

トーク終了後は、お客さんによる撮影タイム。

イベントではこの他にも、イワクラさんの改名秘話や、法演さんが占い師になったきっかけなど、よそでは聞けない濃い話をたくさん聞けました。

占い好きなイワクラさんと、番組で共演する前からイワクラさんが好きだったという法演さん。ウマが合うのか終始トークが弾んでいて、終わってしまうのが寂しいほど。チャンスがあったらこの2人のトーク、また聞いてみたいです。

(編集部)

■法演公式サイト:法演の「MITSURI」

元記事で読む
の記事をもっとみる