1. トップ
  2. バイエルン、19歳の韓国人MFを完全移籍で獲得!1年間のレンタルを前倒し「半年で良い印象与えた」

バイエルン、19歳の韓国人MFを完全移籍で獲得!1年間のレンタルを前倒し「半年で良い印象与えた」

  • 2022.8.10
  • 94 views

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンが、韓国人MFイ・ヒョンジュ(19)を完全移籍で獲得した。

また新たな韓国人ブンデスリーガーの誕生だ。バイエルンは8月9日(日本時間)、公式ホームページを通じて「韓国の有望株イ・ヒョンジュと契約した。当初は1年のレンタル契約だったが、完全移籍を提案し、契約を結ぶことになった」と発表した。

バイエルンとイ・ヒョンジュの契約期間は2025年6月まで。クラブは「攻撃の才能に優れた選手だ。この6カ月間で強烈な印象を残した。1年のレンタルだったが、6カ月前倒しして契約することになった」と伝えた。

2003年2月7日生まれのイ・ヒョンジュは、韓国Kリーグ1(1部)の古豪・浦項(ポハン)スティーラース下部組織出身。浦項製鉄中(U-15ユース)、浦項製鉄高校(U-18ユース)を経て、当初は優先指名を受けた浦項トップチームでプロデビューする予定だった。

ただ、今年1月に完全移籍オプション付きのレンタルでバイエルンに加入。スプリントと敏捷性が持ち味のイ・ヒョンジュは、攻撃的MFやウィングをこなせる攻撃的な選手として、2021-2022シーズンはジュニアチーム、バイエルン・ミュンヘンⅡ(リザーブチーム)で活躍し、最近では新シーズン開幕を控えてトップチームの練習にも参加した。

(写真提供=韓国サッカー協会)浦項製鉄高校時代のイ・ヒョンジュ(右)

バイエルンでユース年代のスポーツディレクターを務めるホルガー・ザイツ氏は、「イ・ヒョンジュはこの6カ月間で我々に良い印象を与えた。スポーツ的観点から彼を確信していたので、早期に獲得することを決めた」と説明した。

イ・ヒョンジュは完全移籍での加入に際し、「新しい契約にサインし、バイエルンでのプレーを続けられることができて幸せだ」とし、「このチームで今シーズンを成功裏に終えられるよう、最善を尽くしたい」と伝えた。

なお、バイエルンでプレーする韓国人選手はFWチョン・ウヨン(22、フライブルク)以来2人目。チョン・ウヨンは去る2018年、仁川(インチョン)ユナイテッド下部組織からバイエルンに加入した後、ジュニアチーム、バイエルン・ミュンヘンⅡでのプレーを経て、同年11月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでドイツ代表FWトーマス・ミュラー(32)との交代でトップチーム・デビューを果たしていた。

元記事で読む
の記事をもっとみる