1. トップ
  2. “美のカリスマ”君島十和子、天ぷらの衣を全て剥がす“油抜きダイエット”を反省

“美のカリスマ”君島十和子、天ぷらの衣を全て剥がす“油抜きダイエット”を反省

  • 2022.8.10
  • 153 views
10日放送の『上田と女が吠える夜』より(左から)若槻千夏、友利新、吉田明世、君島十和子 (C)日本テレビ width=
10日放送の『上田と女が吠える夜』より(左から)若槻千夏、友利新、吉田明世、君島十和子 (C)日本テレビ

お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也がMCを務める『上田と女が吠える夜』が今夜21時放送。今夜は美容界のレジェンドが大集合。「オンナの美容トレンド50年史」の変遷も振り返る。

【写真】美容のモチベが上がる!? 肌が美しい“韓国女優たち”5選

今夜の放送は、美容界のレジェンドが大集合。いとうあさこ、大久保佳代子、奥山佳恵、君島十和子、友利新、三上大進、安井友梨、吉田明世、爛々、若槻千夏が、美意識が高すぎるヤツに吠えまくる。さらに、「オンナの美容トレンド50年史」の変遷を振り返る。

皮膚科医でもある友利新は、「私の周りの女性もヒアルロン酸を入れすぎ。最近はおでことか、こめかみがはやりと言われている。おでこを丸くすると女性らしくなるから」と最近の美容事情を明かす。また、美容に関する著書も多い友利は、「7~8年前、肌にやっちゃいけないこととして、『ゴシゴシ洗うと肌に炎症が起こってシミができたり、たるみますよ』と書いたら、その解釈が大きくなりすぎて『触っちゃ駄目』になっちゃった」。その結果、顔をきれいに洗えていない患者が増えたことを嘆く友利がオススメの洗い方とは?

安井友梨は、外資系銀行員として働く傍らビキニフィットネスの日本選手権6連覇中。「昨年は世界選手権で準優勝しました」と自慢のボディーラインに早速スタジオがどよめく。

また、「こだわりの有機野菜を大量に取り寄せる」と食にこだわる安井は、「素材の味を求める派で、基本は味なし。味がないのが当たり前なので、サラダ屋さんに行ったら…」その驚きの注文方法にスタジオ騒然! さらに、銀行員との二刀流で睡眠時間わずか3時間の超多忙なスケジュールを明かすと、「トレーニングで追い込み過ぎて警察に連行されたことがある」と衝撃発言、一体なぜ!? そんな超ストイックな安井が美と健康のために「年間2000個くらい食べる」という彼女にとってのスーパーフードとは?

さらに、美のカリスマ・君島十和子は、「20代の頃、天ぷら専門店に行って、衣を全部天つゆにつけて剥がしていた」と、当時流行していた油抜きダイエットにハマっていたことを告白し、「二度としません」と反省。そんな君島が最近気になっているのが、『筋トレ中、眉間にシワ寄ってるヤツ』。「ジムですごく頑張ってる人の“頑張りジワ”。歯を食いしばったり眉間にシワを寄せたり。あんまりよくないので…」と心配する君島に、安井がシワを作らない極意を伝授する。

『上田と女が吠える夜』は日本テレビ系にて毎週水曜21時放送

元記事で読む
の記事をもっとみる