1. トップ
  2. 恋愛
  3. ボールが上がりにくいなら、6番アイアンは抜く!クラブセッティングの考え方【米澤有プロLESSON!】

ボールが上がりにくいなら、6番アイアンは抜く!クラブセッティングの考え方【米澤有プロLESSON!】

  • 2022.8.9
  • 2918 views

皆さんはゴルフバッグに何番アイアンから入れていますか? 7番? 8番? 上手な女性は、6番アイアンから入れている方も多いと思います。いずれにせよ、ゴルフを上達するためにも、自分にとって少しでも有効なクラブセッティングにするべきです。

したがって、ボールが上がりにくいと感じるクラブをわざわざ入れる必要はありません。簡単にボールが上がって飛距離も出るクラブを選べばいいんです。今回は米澤有プロに、クラブセッティングの考え方を聞いてみましょう!

パンチショットはフェース面を変えずに打つのがポイントです!【米澤有プロLESSON!】

◆最近のアイアンは本当に飛ぶんです!

私が7番アイアンを使用したときの平均飛距離って140ヤードぐらいなんです。ところが、あるメーカーの7番アイアンで打ってみたら、165ヤードも飛んでしまいました。思わず、「何、この7番アイアン!?」と驚いてしまいましたが、冷静に考えたら、私が普段使っている7番アイアンよりもシャフトが長く、ロフトが立っていたのだと思います。実質、6番か5番アイアンで打っているようなものなので、それぐらいの飛距離が出ても当然なんですよね。

一つ言えることはそういったアイアンが今の標準になりつつあることです。ある意味、ユーティリティと飛距離がさほど変わらないわけです。となれば、似たような飛距離を出すクラブをゴルフバッグの中に2本も入れておく必要はありません。

どちらを選択するかは、その人のゴルフスタイルによります。たとえば、アイアンの方が得意という人ならアイアンを多めに入れておけばいいですし、6番アイアンくらいになるとちょっとボールが上がりにくいな、ユーティリティのほうが弾道は高いなと思う人は、6番アイアンは抜いてユーティリティを選ぶことをお勧めします。

似たような飛距離を出すクラブを抜いていって、あとはそこにドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、ウェッジ、パターを組み合わせていくだけです。現在のアイアンのテクノロジーの標準を考えると、男女とも、6番アイアンより上の番手は必要ないのかもしれません。

最近のアイアンはロフトが立っているので予想以上に飛距離が出る傾向があります

6番アイアンでボールが上がりにくいと感じる人は、似たような飛距離が出るユーティリティを選択しましょう

◆ミドルアイアンはボールが上がりにくい

力のある男性ゴルファーならミドルアイアン(I6~I7)でも難なくボールを上げることができると思いますが、女性ゴルファーだとちょっとハードルが上がってしまいます。避けたいのは、無理に上げようとしてボールをすくい打つことです。結果的にリーディングエッジから下りてくるので、トップなどのミスが出てしまうし、他のクラブにも悪影響を及ぼしかねません。それならば、ミドルアイアンを外してユーティリティを入れたほうが賢明です。

ただし、練習場では積極的にアイアンでボールを打つことは大切です。8番アイアン以下のクラブで構いません。ボールを上げようとせず、上からクラブヘッドを下ろしましょう。私の場合、あまりフルショットでボールを打つことはありません。時計の文字盤でいえば、9時から3時までのハーフショットばかり練習しています。大切なのはボールを正確にとらえる感覚を身につけることです。短いクラブでのハーフショットでミート率が上がれば、ドライバーやフェアウェイウッドのように長いクラブで打ってもボールを正確にヒットする確率が上がります。皆さんもぜひ試してみてください。

8番アイアン以下のクラブでハーフショットの練習をすると、ミート率アップにつながります

◆米澤有プロ/プロフィール

1989年生まれ、大阪府出身。168cm。B型。大阪府高校ゴルフ選手権女子の部で優勝を果たし、頭角を現す。ステップ・アップ・ツアーやレギュラーツアーに出場するかたわら、TVや雑誌をはじめとしたメディアでも活躍中。 インスタグラムアカウント(yu.u.yonezawa) 

撮影/村上悦子 取材・文/山西英希 取材協力/オールドオーチャードゴルフクラブ【PGM】

The post ボールが上がりにくいなら、6番アイアンは抜く!クラブセッティングの考え方【米澤有プロLESSON!】 first appeared on Regina(レジーナ).

元記事で読む
の記事をもっとみる