1. トップ
  2. 恋愛
  3. 気になる彼を振り向かせたい!男性の《心を掴む》方法7つ

気になる彼を振り向かせたい!男性の《心を掴む》方法7つ

  • 2022.8.8
  • 3781 views

気になる彼を振り向かせるには、待っているだけでは何も状況は変わりませんよね。

今回は、男性の心を掴む方法を解説していきます。彼の心を刺激する効果的な方法を知っておけば、恋が叶う確率はアップするはずです。

1. 女性らしい仕草・言葉遣いを意識する

男性は、どんなに近くにいる女性でも、相手を女友達と認識している限り恋愛感情を抱きません。と言うのも、男性は相手が友人である以上、性別を感じない付き合い方をしているからです。だからこそ、女性らしい仕草や言葉遣いをする相手のことは、自然と意識するようになります。

つまり、気になる彼を振り向かせるには、彼の周囲の中でも女性らしさの点で目立つことが重要になってくるのです。また女性らしさを意識することで、友達キャラに確定するのを防ぐこともできるので、恋愛の対象になりやすくなります。

2. 電話で話す

男性の心を掴むには、コミュニケーションの積み重ねが必須になりますよね。

彼へのアピールで、頻繁にLINEすることもあるでしょう。

しかし、実はLINE以上に効果的なのが、電話です。毎日電話をする必要はありませんが、毎日LINEするよりも数回の電話の方が、男性の印象に残りやすいのです。

例えば「嬉しい」の一言にしても、電話なら感情が伝わりやすくなります。

またLINEと違って複数の相手と同時にやりとりしたり、何かをしながらやりとりすることはできないため、二人だけで集中して会話できるという状況も作りやすくなるでしょう。

3. LINEでハートの絵文字を使う

男性は、自分に好意を持っている女性のことを好きになることがあります。実際、告白されたときに断り切れず、そのまま女性と付き合うことにした経験のある男性も少なくありません。とは言え、いきなり男性に告白しても断られる可能性もゼロとは言い切れません。

そこで、まずは男性に好意を伝えるため、好意があることを匂わせる行動を見せるのが効果的です。LINEでハートの絵文字を使うだけでも、男性に好意があることは伝わります。

女性はそれほど考えずに使っているハートの絵文字も、男性は自分に好意があるのかもしれないと感じるのです。

4. 聞き手になる

一般的に、女性と話すとき男性は聞き手になることが多いです。男性は、女性の話を聞くことに慣れていることも多いでしょう。

しかし、好きな男性に対しては、あえてあなたが聞き手になってみましょう。

男性にとって、自分の話を聞いてくれる女性のことは、他の女性よりも印象に残ることがあります。また、気になる彼の話を聞くことは、情報収集にも役立つでしょう。

5. 内面を褒める

男性の心を掴むには、相手のいいところを褒めることもポイントです。男性は女性に褒められると嬉しくなり、確実に好感度を高めることができるでしょう。

ただし、男性を褒めるときには内面を褒めることがポイントです。外見を褒めてもいいのですが、それだけだとウソっぽく聞こえてしまうことがあるからです。

人の内面は相手のことをよく見ていないとわかりません。そのため彼は、「自分のことを見てくれている」と感じ、褒められてより嬉しい気持ちになるのです。

6. 「押す」「引く」の態度を交互に見せる

男性に対するアプローチでは「押す」と「引く」をそれぞれを交互に見せるのが効果的です。押すことで好意が伝わりますが、引けばまるで興味がないように映ります。

これを繰り返せば、男性は相手の気持ちがわからなくなりますが、実はそれが狙いです。女性の気持ちがわからなくなることで、男性は相手のことを考える時間が増えます。

そうなれば男性はその相手が気になるようになるのに、時間はかからないでしょう。

7. ストレートな言葉で誘う

気になる彼を振り向かせるには、デートを重ねることも大切です。彼を二人で遊びに誘うときは、ストレートな言葉を使いましょう。遠回しな誘い方をすると誘っていることに気づかれないこともありますし、男性が警戒して断られる可能性もあります。

それよりストレートに誘ったほうが、男性もあれこれ深く考えすぎずに応じやすくなるでしょう。

男性の心を掴むためには、今回紹介したようなアプローチが効果的です。アプローチの方法としては、いずれも物足りないように思えるかもしれませんが、片思いの状態ではこのくらいがちょうど良いのです。あからさまなアプローチは、男性が引いてしまう可能性があります。

まずは仲良くなること、存在感を出すことを目指してみてください。彼の気になる女性になることができれば、両思いはグッと近づきます。

元記事で読む
の記事をもっとみる