1. トップ
  2. 仲野太賀と草なぎ剛が見せた、15年ぶりに再会した兄弟の断絶と敬愛の距離感<拾われた男>

仲野太賀と草なぎ剛が見せた、15年ぶりに再会した兄弟の断絶と敬愛の距離感<拾われた男>

  • 2022.8.8
  • 188 views
諭(仲野太賀)は病に倒れた兄・武志(草なぎ剛)と再会 (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.
諭(仲野太賀)は病に倒れた兄・武志(草なぎ剛)と再会 (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.

【写真】アメリカに来て間もないころの武志(草なぎ剛)

仲野太賀主演「拾われた男」(毎週日曜夜10:00-10:45、NHK BSプレミアム)の第7話が8月7日に放送された。結(伊藤沙莉)と結婚して子どもも生まれ、人生も仕事も順調な諭(仲野)だったが、兄・武志(草なぎ剛)が倒れたという連絡が入り、渡米。15年ぶりの兄弟の再会は、切なさや戸惑いなど複雑な感情に満ちていた。(以下、ネタバレがあります)

諭が病に倒れたアメリカ在住の兄・武志の元へ

本作は、俳優・松尾諭が自らの波乱万丈なサクセスストーリーを書いたエッセーをドラマ化。俳優志望の男・松戸諭が、他人に“拾われ”続けることで夢も恋も掴んでいくヒューマン・コメディ。

ウォルト・ディズニー・ジャパンとNHKエンタープライズの共同制作で、ディズニープラス向けのコンテンツとして日本国内の制作会社との初の共同制作作品となる。NHK BSプレミアムでの放送のほか、ディズニープラスのブランドコンテンツ「スター」で見放題独占配信(毎週日曜夜11時配信)される。

1枚の航空券を“拾った”ことで俳優への縁がつながり、たくさんの人に“拾われ”て仕事も人生も広がってきた諭。第6話は、そんな諭がかつて“捨てた”兄・武志との新たな物語がスタートした。

武志が脳卒中で倒れ、いくつかの仕事をキャンセルして人生初のアメリカに向かった諭。空港に迎えに来た兄の親友・ウッディの英語に戸惑いながら病院へ向かい、15年ぶりに武志と再会を果たした。

草なぎ剛が一瞬で見せた心震える演技

病院にやって来た諭が見たのは、大変な治療を終えて車いすで出てきた武志の姿。目はうつろだったが、諭に気付くと、右手を力なく上げて「諭…」と絞り出し、なんとか笑顔を作ろうとするがうまくいかない様子だった。

武志は左半身に麻痺があり、思うように動けなかったのだ。車いすからベッドへの移動を手伝った諭の「兄は臭かった」というモノローグはリアルだ。

そんな様を観る者に、すぐ感じさせた草なぎの演技は見事だった。

「拾われた男」第7話より (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.
「拾われた男」第7話より (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.

困惑する弟・諭と、弟を尊敬していた兄・武志

子どものころは武志のことを追いかけ、影響を受けていた諭。しかし、成長するにつれ、つかみどころのなさが苦手に。そして、かわいがってくれた祖母が亡くなった際も帰国しなかった武志に、「あなたとは家族でもなんでもありません。もう縁を切ります」とメールを送っていた。そうした経緯のある2人の切な過ぎる再会。

武志は不法滞在で、保険も加入しておらず、治療費は1,000万円ほどが必要となりそうで、がく然とする諭。また、武志のことを「ダッド(お父さん)」と呼ぶ少年も現れて困惑する。そんななか、ウッディの案内で、武志が働いていたレストランや自宅を訪れ、兄がどのように過ごしてきたかを知ることに。

レストランで働く多国籍な仲間たちや友人から頼りにされ、愛されていた兄。そして、自分のことを俳優として頑張っている自慢の弟として紹介していた。

会えなかった15年間。弟は縁を切ろうとしたが、兄は弟を尊敬し、活躍を喜んでいた。それぞれの思いを抱えた絶妙な距離感が現われた展開となった。

インタビューで仲野は「物語が進むにつれ、弟からは見えなかった兄がこれまで過ごしてきた姿に触れて改めて兄弟というものを捉え直す。そんな2人の関係は見ている人にも伝わるものがあるんじゃないかなと思います」と語っていた。

演技に定評がある仲野と草なぎが紡ぎ出す“兄弟”の関係が楽しみだ。

次回、8月14日(日)放送の第8話では、「日本に帰らない」と言う武志の理由を、長年一緒に過ごしたエイドリアンが明かす。

※草なぎ剛のなぎは、弓へんに前の旧字体その下に刀が正式表記

◆文=ザテレビジョンドラマ部

元記事で読む
の記事をもっとみる