1. トップ
  2. 『プレデター:ザ・プレイ』LAプレミアに監督&キャストが集結!「ファンを再び驚かせられる」と自信

『プレデター:ザ・プレイ』LAプレミアに監督&キャストが集結!「ファンを再び驚かせられる」と自信

  • 2022.8.7
  • 90 views

宇宙でもっとも危険な戦士“プレデター”と人類の攻防を描き、世界中でカルト的人気を誇る「プレデター」シリーズ。その最新作となる『プレデター:プレイ』(ディズニープラス「スター」にて配信中)のロサンゼルスプレミアが、現地時間8月2日に開催。主演のアンバー・ミッドサンダーをはじめ、豪華キャスト、スタッフ陣が一堂に会した。

【写真を見る】「プレデターとの対決はとても見応えがある」プレデター役俳優も大興奮で見どころを語る!

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『プレデター』(87)を皮切りに、これまでクロスオーバー作品を含めて全6作が展開してきた「プレデター」シリーズ。本作で描かれるのは、300年前のアメリカで繰り広げられる人類とプレデターとの“最初の戦い”。ネイティブ・アメリカン最強の部族の女性ナルは、次々と仲間たちを殺める“見えざるなにか”に、戦士としての誇りをかけて立ち向かっていく。

主人公のナル役を演じたアンバー・ミッドサンダーは劇中とは対照的な華やかな出立で登場! [c] 2022 20th Century Studios
主人公のナル役を演じたアンバー・ミッドサンダーは劇中とは対照的な華やかな出立で登場! [c] 2022 20th Century Studios

プレミアイベントの会場となったリージェンシー・ビレッジ・シアターには配信開始が待ちきれないファンが多数集結。熱気と歓声に包まれるなか、ピンクの華やかなドレスで登場したミッドサンダーは「現実じゃないみたいでとても興奮しています。映画の準備にとても長い時間を費やしたので、世界中に配信されると思うとワクワクします」と感無量の表情。

そして、これまでのシリーズ作では語られてこなかった人類とプレデターの最初の戦いについて「いままでとは違うプレデター、武器やデザインなど新しい要素があるので、『プレデター』ファンの方はもちろん、初めてプレデターを観るという方も楽しめると思います」と見どころを語った。

メガホンをとったダン・トラクテンバーグ監督と20世紀スタジオのスティーブ・アスベル [c] 2022 20th Century Studios
メガホンをとったダン・トラクテンバーグ監督と20世紀スタジオのスティーブ・アスベル [c] 2022 20th Century Studios

一方、プレデターを彷彿とさせる黒いシックなスーツで登場したダン・トラクテンバーグ監督は「今作はSFとホラーをミックスしたようなアドベンチャー映画。具体的には言えませんが、おもしろい仕掛けがいくつかあるので楽しみにしてください」と含みを持たせ、「1作目の衝撃をもう一度感じてもらえるようプレデターをデザインし直しました。シリーズファンを再び驚かせられると思います」と新たなプレデターの造形に強い自信をのぞかせていた。

ほかにも会場にはタエベ役のダコタ・ビーバーズやプレデター役のデイン・ディリエグロ、プロデューサーのジェイン・マイヤーズに加え、人気ドラマシリーズ「ザ・ボーイズ」などで知られるジャック・クエイドがスペシャルゲストとして登場。配信開始直前にふさわしい大盛況のなかでプレミアイベントは幕を下ろした。

<コメント>

●アンバー・ミッドサンダー(ナル役)

「現実じゃないみたいでとても興奮しています。映画の準備にとても長い時間を費やしたので、世界中に配信されると思うとワクワクします。私にとってこの作品は、ひとりの少女が周りの人たちから『あなたの使命ではない』と言われながら、なにかに導かれていき、周囲の声と自分の心との間の声を探しだすという物語です。本作には、いままでとは違うプレデター、武器やデザインなど新しい要素があるので、『プレデター』ファンの方はもちろん、初めてプレデターを観るという方も楽しめると思います」

●デイン・ディリエグロ(プレデター役)

「監督がこの映画で行なったことは、『プレデター』シリーズに忠実でありながら、新しい命を吹き込むことでした。『プレデター』シリーズの要素もありつつ、いままでとちょっと違う要素もあり、そのバランスがすばらしいんです。ナルの旅、そして彼女が経験するすべてのことに焦点が当てられていて、特にプレデターとの対決はとても見ごたえがあると思います!」

●ダン・トラクテンバーグ(監督)

「この映画は5、6年かけて作ったもので、やっと描いてきたすばらしいものすべてについて話すことができ、とても興奮しています。映画のいくつかの要素については、まだお楽しみということにしておきます。具体的には言えませんが、おもしろい仕掛けがいくつかあるので、楽しみにしていてください。やっと公開されるということで、とてもワクワクしています。観客の皆さんは87年のシリーズ1作目をイメージしているとは思いますが、それだけでなく今回はSFとホラーをミックスしたようなアドベンチャー映画になっています。また1作目の『プレデター』の衝撃を、もう一度感じてもらえるようにデザインし直しました。シリーズのファンも再び驚かせられると思います」

文/久保田 和馬

元記事で読む
の記事をもっとみる