1. トップ
  2. 草なぎ剛、“弟役”仲野太賀の影響でフィルムカメラを購入「すっかりハマってしまいました(笑)」

草なぎ剛、“弟役”仲野太賀の影響でフィルムカメラを購入「すっかりハマってしまいました(笑)」

  • 2022.8.7
  • 90 views
「拾われた男」で兄弟役を務める仲野太賀、草なぎ剛(写真左から) 撮影:永田正雄
「拾われた男」で兄弟役を務める仲野太賀、草なぎ剛(写真左から) 撮影:永田正雄

【写真】取材前からにこやかに、楽しそうにおしゃべりしていた仲野太賀&草なぎ剛

俳優志望の男・松戸諭(仲野太賀)が、他人に“拾われ”続けることで夢も恋もつかんでいくさまを描く「拾われた男」(毎週日曜夜10:00-10:45、NHK BSプレミアム)。同作は俳優・松尾諭が自らの波乱万丈なサクセスストーリーを書いた同名エッセーを映像化したヒューマンドラマで、主人公・松戸諭を仲野、諭の兄・武志役を草なぎ剛、諭の運命の女性である結役を伊藤沙莉が務める他、薬師丸ひろ子、鈴木杏、北村有起哉、要潤、夏帆や、本人役で井川遥、柄本明らが出演している。

ウォルト・ディズニー・ジャパンとNHKエンタープライズの共同制作で、ディズニープラス向けのコンテンツとして日本国内の制作会社との初の共同制作作品。NHK BSプレミアムでの放送の他、ディズニープラスのコンテンツブランド「スター」で見放題独占配信(毎週日曜夜11時配信)される。

WEBザテレビジョンでは仲野と草なぎにインタビューを実施。演じる上で意識した点や初共演の感想、アメリカロケでの思い出などを語ってもらった。また、取材部屋に入ってくるなり「太賀くんやせたね~!ビックリしたよ~」「はい!戻しました!」と笑顔で談笑を交わすなど、本当の“兄弟”のように仲が良い2人が、お互いに影響を受けたエピソードを披露した。

仲野「入口と出口が全然違う」

――脚本を読んでどんなことを感じましたか?

仲野:とても面白かったです。松尾さんがこんな人生を歩まれていたんだということに驚きました。最初は1人の俳優の出会いと別れを描いたサクセスストーリーのようにも見えるけど、どんどん家族や恋人、そして兄弟のヒューマンドラマに変わっていく。入口と出口が全然違うというか、思いもよらない方向に展開していく様が面白くて、ぜひやってみたいと思いました。

草なぎ:今の太賀くんの話、そのまま僕のコメントにしてください。何も言うことがないぐらい全部言われちゃったんで(笑)。

仲野:すみません(笑)。

草なぎ:松尾くんとは、以前、他の作品で一緒だったんです。原作も読んでいて面白いなと思ったし、しかも今回は彼のお兄ちゃんの役。何か松尾くんとは縁があるなって。コロナ禍ではあるけどアメリカにも行けるのかな、何か発見することがあるかなって、すごくドキドキワクワクしたのですぐにやりたいと思いました。

「拾われた男」第5話より (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.
「拾われた男」第5話より (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.

――演じる際に意識していたことはありますか?

仲野:あまり松尾さんに寄せていこうという意識はなかったです。松尾さんの実話がベースになっている作品ですけど、劇中に登場する「松戸諭」の人生を全うしようと思っていたので。ただ、頭の片隅で松尾さんの顔がちらついたり、松尾さんだったらこんな動きをするかもしれないと思うことがどこかにあって、それを全部やるわけじゃないんですけどすごくヒントをもらいながら演じていたような気がします。

とにかくキャラクター自体に厚みがあるんです。いろんな側面を見せていきたいと思ったので人間味や旨味を出せたらいいなと思いました。

草なぎ:もう、そのままです。太賀くんが全部説明してくれました(笑)。

仲野:全然違う役じゃないですか(笑)。

草なぎ:ホントに、厚みを出していきたいなって。

仲野:それ、僕が言ったやつです(笑)。

草なぎ:まぁ、太賀くんも言っていた通り寄せていかなくてもいいんじゃないかなって。松尾くん自身も好きにやってくれみたいな感じで言ってくれたので、どこかで意識をしながらもオリジナルで何かを生み出せたらいいなと思いながら演じていました。武志はちょっとつかみどころがないキャラクター。小さい時から弟の諭はお兄ちゃんに届かないというか、何かノホホンとしている感じで演じていました。

草なぎ「どんどんすごいテーマになっていくんですよ」

「拾われた男」第7話より (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.
「拾われた男」第7話より (C)2022 Disney & NHK Enterprises,Inc.

――「松戸兄弟」の関係についてはどんなふうに感じましたか?

仲野:弟の目線から言うと、全10話をかけてお兄ちゃんとの距離が少しずつ変わっていく話でもあるんです。最初の頃は肉親だからどうしようもないけど好きになれないし、肉親だからこその気持ち悪い距離感のようなものがあって。でも、何だか体温があるような距離感なんです。僕も次男なので、そういう兄に対するコンプレックスではないですけど、同じ家族で同じ場所で生まれ育ったのに何でこんなに違うんだろうという思いがあって。そのざらつきのようなものがベースとしてあるのかなと感じました。

物語が進むにつれ、弟からは見えなかった兄がこれまで過ごしてきた姿に触れて改めて兄弟というものを捉え直す。そんな2人の関係は見ている人にも伝わるものがあるんじゃないかなと思います。

草なぎ:その場、その場で感じたまま演じていたんですけど、アメリカに行くとその雰囲気にいい形で飲まれるというか。何か思ったよりも武志がいいヤツになっているんじゃないかなって。海外の方たちもすごく温かくて、台本で読んでいる時よりもすごくヒューマンな感じになっちゃって大丈夫なのかなって思いました。

最初は売れない俳優がすったもんだしていたのに最後はアメリカに来て、国境や人種を超えて家族の大切さとか、みんなが穏やかに生きられる世界をとか、どんどんすごいテーマになっていくんですよ。そこがめちゃくちゃ面白いなって。アメリカに行って僕もそうだし井上(剛)監督も飲まれちゃったような気がするけど(笑)、どういう作品になっているのかすごく楽しみです。

仲野太賀&草なぎ剛 撮影:永田正雄
仲野太賀&草なぎ剛 撮影:永田正雄

草なぎ「やせてかっこよくなったよね」

――もしも、お二人が兄弟だったら?

草なぎ:今回、太賀くんとアメリカに行けてすごく楽しかったし、もうあの時と全然違うんですよ、顔が。何か他人みたいな感じ(笑)。

仲野:やめてください(笑)。

――松戸諭の時の太賀さんは全体的にふっくらしてますもんね。

草なぎ:本当に“あの時の君”かよ!みたいなさ。やせてかっこよくなったよね。

仲野:ホントですか?

草なぎ:役者だね、やっぱり。今日会って、それに驚いちゃって。ドラマを撮っている時はほんわかしていて、ホントにいろいろ助けてもらいました。だから、海外旅行とかに一緒に行けるような兄弟だったらすてきだなと思います。太賀くんは写真もやっているし…あ、そうそう俺、フィルムカメラ買ったのよ。

仲野:えっ、買ったんですか?

草なぎ:そう。makina 67っていうカメラを。

仲野:いいっすねぇ~。蛇腹ですか?

草なぎ:そうそう。

仲野:まじっすか?

草なぎ:太賀くんはPENTAX 67を使ってるんだよね?

仲野:そうです。

草なぎ:アメリカで太賀くんが写真を撮っていてカッコいいなと。日本に帰って来ていろいろ調べたんですけど、PENTAX 67って重いんだよね?

仲野:あれは重いんです。

草なぎ:それと似ていてもう少し軽いカメラがあったので買っちゃいました。もう何か完全に“弟”の影響を受けちゃって(笑)。自分でもフィルムカメラを始めたことに驚いています。

仲野:うれしいなぁ。

草なぎ:太賀くんにはアルバムももらいましたし。

――それはどんなアルバムなんですか?

草なぎ:太賀くんがアメリカで撮ってくれた写真が収められているんです。

仲野:アメリカの思い出を一冊にまとめました。

草なぎ:ホントにすごいんですよ。その時は「まあまあ」みたいな感じで自分のすごさを言わなかったんですけど、普段から結構撮っているらしくて。そんな“弟”に刺激されてすっかりカメラにハマってしまいました(笑)。

仲野「1カ月で10kg落ちました」

――草なぎさんから影響を受けたことはありますか?

仲野:草なぎさんはずっとファスティングをやられていて、減量もされていたんです。それで草なぎさんが飲んでいる酵素ジュースを教えていただきました。

草なぎ:あのジュースを買ったの?

仲野:3本飲み切りました。

草なぎ:ファスティングは何回ぐらい?

仲野:3日、3日っていう感じで2回に分けてやりました。その後、普通に風邪を引いてしまって(笑)、1カ月で10kg落ちました。

草なぎ:それはすごいね。

仲野「結構な頻度でごちそうになりました」

――あらためて今回初共演されて、お互いの印象は?

仲野:草なぎさんは、このままの方。大スターなのにめちゃくちゃ優しいんです。

草なぎ:ありがとう(笑)。

仲野:アメリカではキッチンがあるホテルに泊まっていたので草なぎさんは自炊されていて。僕は自炊が苦手なので、草なぎさんがつみれ鍋を分けてくださったりして。結構な頻度でごちそうになりました。

草なぎ:太賀くんはカレーを作っていたよね?

仲野:作っていました。

草なぎ:部屋から匂いがしてくるんですよ。アメリカでは一緒にスーパーへ買い出しに行ったりして。やっぱり東京から離れているので、頼れる人がいると心強い。自然と仲良くなったし、忘れられない思い出になりました。松尾くんにも、松尾くんのお兄さんにも感謝です。

――兄弟の話でもあり、家族の物語でもありますが、印象に残っているシーンはありますか?

草なぎ:確かに家族の話なのかもしれないですね。お父ちゃん(風間杜夫)とお母ちゃん(石野真子)が息子たちのことを心配する気持ちは、どこの家庭でも同じですよね。みんなが身近に感じてくれる家族の温かさっていうか、ちょっといびつではあるんだけど、どの家族も何か抱えているものとかはあると思うんですよ。

劇中で言うと、空港でお父ちゃんとお母ちゃんに会うシーンは風間さんと石野さんが本当の両親に見えましたし、すごくジーンときました。

仲野:その空港のシーンでは、役柄的にそこまで感情を出してはいけない状況ではあったんですけど、風間さんと石野さんの感動的なお芝居にグッときましたし、心を揺さぶられたことを覚えています。

最初の頃の諭は何となく家族と合わなくてどこかふてくされていましたけど、後半になるにつれてもう一度家族になっていく様が丁寧に描かれていると思います。

草なぎ「みそ汁はよく食べていました」

――劇中の「松戸家」はみんなで太巻きを食べる習慣がありましたが、お二人にとって家族と一緒に食べていた思い出の食べ物は何ですか?

草なぎ:うちはすごく食いしん坊な家系なので、みそ汁とか?

仲野:えっ、みそ汁ですか?(笑)

草なぎ:そう(笑)。みそ汁はよく食べていましたね。

――具は何ですか?

草なぎ:パッと思い浮かんだのは豆腐とわかめ。これが、おいしいんですよ。

仲野:僕も似たような感じなんですけど、スイカですね。

草なぎ:スイカ?

仲野:うちの家は夏になると、どこかから大量にスイカが送られてくるんです。

草なぎ:最高じゃん。

仲野:早く食べないとダメになっちゃうから、家族みんなでスイカを食べていました。父と兄は丸いスイカを半分ずつ。僕は1/4の大きさのスイカをよく食べていました。

草なぎ:俺もスイカが大好きだからうらやましいね。

――お二人が運命や縁を感じた瞬間は?

草なぎ:すべてが縁だと思うんですけど、松尾くんとは結構縁があるなと思っています。ほとんど2人芝居の舞台も一緒にやったし、ターニングポイントで会っているような気がしますね。

仲野:僕は縁と運で何とかやってきたような人間だから「これ!」というものを挙げるのは難しいですけど…。

草なぎ:俺が「松尾くん!」って言っちゃったからなぁ。

仲野:さっきの草なぎさんじゃないですけど、僕も同じコメントで(笑)。

草なぎ:そうきたか(笑)。確かに太賀くんにとっても松尾くんは結構な縁だよね。太賀くんは井上監督のことを知ってたんだっけ?

仲野:はい。今回で3回目ですけど、ここまでがっつりご一緒するのは初めてです。

草なぎ:それも縁だよね。

◆取材・文=月山武桜

※「草なぎ剛」のなぎは、弓へんに前の旧字体その下に刀が正式表記

元記事で読む
の記事をもっとみる