1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【庭訓】はなんて読む?家庭での教えを表す言葉!

【庭訓】はなんて読む?家庭での教えを表す言葉!

  • 2022.8.2
  • 2377 views

「庭訓」はなんて読む?

「庭訓」に使用されている「庭」と「訓」は、どちらも馴染み深い漢字ですよね。

しかし、「庭訓」は現代ではなかなか目にすることがないため、読み方をご存じでない方が多いのではないでしょうか。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

果たして、正解は?

正解は「ていきん」でした!

「庭訓」は、家庭での子どもの教育や、親が子どもに教える教訓を指す言葉です。室町時代の初等教科書『庭訓往来(ていきんおうらい)』の略称でもあります。

「庭」という漢字は家屋の周りの場所や、なにかを行う広間を表す漢字です。「訓」はクン以外にキンと読むことがあり、教えを意味します。

中国の思想家・孔子とその息子・伯魚のやり取りが「庭訓」の由来なのだとか。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

元記事で読む
の記事をもっとみる