1. トップ
  2. スキンケア
  3. 美容家が教える! やってはいけない「日焼け止めのNG塗り方」

美容家が教える! やってはいけない「日焼け止めのNG塗り方」

  • 2022.7.30
  • 13522 views

美容のプロに任せるキレイ作りも嬉しいけれど、自分で自分をキレイにできた時の嬉しさは格別。そこで、女性の自分磨きを応援するためのセルフ美容法をお届けしていきます。蒸し蒸しとした暑い夏は、湿度が高いので、肌への保湿ケアはあまり必要でないと思っていませんか? 実は紫外線が強く、暑さと湿度による皮脂と汗の分泌が盛んな夏こそ、肌への保湿ケアが必要なのです。今回は、夏こそ保湿ケアが必要な理由と夏に行いたい正しい保湿スキンケアをお伝えしたいと思います。

夏こそ保湿ケアが必要な理由1. 紫外線自体から肌を守る

夏こそ保湿ケアが必要な理由は二つあります。
一つは、夏の強い紫外線自体から肌を守るためです。紫外線に肌が晒されると物理的に肌から水分を蒸発させ、乾燥を招きます。また肌にきちんと保湿をしてあげることで、角質層に適度な油分と水分からなる天然の潤いベールができ、外的ダメージである紫外線から肌を守ることができます。

もちろんそれでも日焼け止めは紫外線を防ぐために塗る必要はありますが、保湿ケアをせずに、角質層が乾燥したまま放っておいてしまうと、角質層で積み重なって存在する角質細胞たちがスカスカになり、そのスカスカになった隙間に紫外線が入りやすくなってしまうのです。

そのため、夏の保湿ケアは日焼け止めで行っている紫外線対策の手助けにもつながるのです。

夏こそ保湿ケアが必要な理由2. 紫外線によるシミを防ぐ

もう一つの理由は紫外線によるシミを防ぐためです。私たちの肌は、紫外線に晒されると、肌を守るために表皮層という場所に存在するメラノサイトからメラニン色素を作ります。メラニン色素は肌の細胞に入り、細胞の心臓である核を守りながらターンオーバーによって、体外へ排出されていきます。

肌の乾燥は、このターンオーバーを乱れさせ、メラニン色素の排出を邪魔してしまうので、結果的にシミができやすい肌になってしまいます。そのため、夏こそ保湿ケアをすることで、紫外線によるシミを防ぐ手助けにもつながるのです。

夏の正しい保湿スキンケア

前述したように、夏こそ保湿ケアが必要なわけですが、ただでさえ湿度の高い夏。保湿をすると言っても、冬と同じようにクリームやオイルをただ塗るだけでは反対に毛穴を詰まらせ、肌トラブルを招いてしまう可能性が。そこで、夏に行いたい正しい保湿スキンケアをお伝えしますね。

角栓汚れをリセット

夏は、高温多湿のせいで汗と皮脂の分泌が盛んな状態。過剰に分泌された汗と皮脂は角栓を形成し、毛穴を詰まらせるだけでなく、化粧品に配合されている保湿成分の肌なじみを邪魔してしまいます。

そのため、肌にしっかり潤いを届けるために保湿ケアを行うのなら、定期的に角栓汚れをリセットしましょう。角栓汚れをリセットするスキンケア方法はいくつかありますが、おすすめは画像にあるようなクレイが配合された化粧品で丁寧な洗顔を行うこと。

(左)カネボウ化粧品のsuisai beauty clearは、毛穴より小さい2種類のクレイ(洗浄成分)を配合。Wのクレイが毛穴に詰まった皮脂汚れを吸着し洗い上げてくれます。

(右)sitranaのシカグロウクレイマスクは、ホワイトクレイや活性炭由来のスクラブ剤を配合した洗い流すタイプの保湿マスク。クリーミーでなめらかなテクスチャーが肌に優しく密着し、皮脂汚れや古い角質をオフ。あとから使う保湿化粧品とのなじみを良くし、透明肌に導いてくれます。

クレイが配合された化粧品なら、肌を労わりながら角栓をリセットすることができますよ! さまざまなクレイ配合の化粧品が発売されているので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

フェイスパックで潤いチャージはマスト

保湿化粧品の種類をたくさん使って保湿する方法は、暑苦しい夏にはできれば避けたいスキンケア方法。そこで、数で保湿するのではなく、時間で保湿をしましょう。お風呂上がりやぬるま湯で洗顔した直後は、毛穴がまだ開いているので、すぐにフェイスパックで潤いチャージをしましょう。

多くのフェイスパックが、基本的には10分〜を目安に肌にのせて保湿できるよう作られています。数ではなく、フェイスパックをのせておく時間を通して肌に潤いを届けましょう。

ちなみにフェイスパックは、必ずしもデパコスのフェイスパックである必要はありません。ドラッグストアやバラエティショップで発売されているプチプラのフェイスパックには頼もしいものもたくさんあるので上手に活用して、週1、2回のスペシャルケアではなく、毎日のデイリーケアとして行いましょう!

(左)サナ なめらか本舗のリンクルシートマスク Nは、イソフラボン含有の豆乳発酵液に加え、新たに肌に潤いを与えるピュアレチノールを配合してリニューアル登場したシートマスク。1枚で化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックと5つの働きを持つプチプラマスク。

(右)クオリティーファーストのダーマレーザースーパーVC100マスクは、レーザー美容発想のシートマスク。浸透型ビタミンCをはじめ4種類のビタミンCを高濃度配合しているため、保湿ケアに加え、夏の美白ケアもカバー。

寝ている間にじっくり保湿

日中は少しでもベタつく油分は避けたいですよね。そこで、おすすめなのが寝ている間の保湿ケア。私たちの肌は、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌の疲れやダメージをリセットしてくれます。そこで、寝ている間に特化したスキンケア化粧品を取り入れてみましょう!

寝ている間なら、ベタつきによる不快感を感じることなく保湿ケアができますよね。仕事や家事などで、丁寧な保湿ケアをしている余裕がないという方にもおすすめです。

いかがでしたか? 夏が終われば、乾燥の秋がやってきます。乾燥は見た目の肌をカピカピにして疲れた印象にするだけでなく、肌のバリア力を低下させ、年齢サインを作る元凶にも。紫外線が強い夏こそ、しっかり保湿ケアを行っていきましょうね!

濱田文恵(はまだふみえ)
日中美容研究家/LINOME株式会社 代表取締役/一般社団法人日本セルフ美容協会 代表理事/中医薬膳師。
1990年に中国で生まれ、4歳から日本で育つ。
ビューティ系資格を15種類取得するほか、2017年には北京中医薬大学日本校中医薬膳専科卒業、中医薬膳師となる。現在は日中美容研究家として、企業のコンテンツ監修や個人レッスンを開催するなど、美容家として活動の場を広げている。

文・濱田文恵

元記事で読む
の記事をもっとみる