1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 何かと電気を使う夏休みにもオススメ!我が家流の暑い時期の節電対策【双子育児まめまめ日記 第32話】

何かと電気を使う夏休みにもオススメ!我が家流の暑い時期の節電対策【双子育児まめまめ日記 第32話】

  • 2022.7.29
  • 1256 views

こんにちは。ぐっちぃと申します。

「双子を授かっちゃいましたヨ」という現在、中学1年生の双子絵日記を描いています。

毎日暑い日が続きますね。夏休みも突入して家に子どもたちもいるなか、なるべく節電したい我が家で実践している3つの節電方法を紹介したいと思います。

1.テレビは極力つけないようにする

ネットで調べた程度の知識ですが、テレビの消費電力よりパソコンのほうが安いそうなので(もちろん機種によってさまざまだと思います)、見たい番組はテレビを録画するより配信サービスを利用したりしています。CMが少ないのも嬉しいですね。

テレビにつないでしまうと結果的に節電ではなくなってしまうので、ちょっと保留中です。あと、娘たちもそこまでテレビも見ないしな……というのもあります。

2.午前中の涼しい時間帯は、扇風機でがんばる

最近は起きた時間から暑くて「涼しい時間帯」というのはないのかもしれませんが、一応耐えられるまでは扇風機を使っています。

風がぬるくて気持ち悪いときは扇風機の前に保冷剤を置いて、風がそこを通っていくように工夫しています。これが思ったより涼しい気がする!

とにかく風の通り道に保冷剤を置くことをおすすめします。

3.とにかく脱ぐ

当たり前っちゃ当たり前なんですが、身に着けているものが少なければ少ないほど涼しい。

家族といえども、さすがにわがままボディをさらすのは恥ずかしいので時間を選ぶのですが、「タンクトップやキャミソールにハーフパンツ」といった姿でいるとだいぶ涼しいです。

宅配やご近所の方が、こういうときに限って来たりするんですよね。そんなときはさっと着替えられるよう、パソコンの近くにまともな服を置いています。

─おまけ─

家族がいるときはTシャツを着るのですが、袖があるのとないのとでは体感温度が違う! で、よく袖まくりをしてるんですが、袖、すぐ落ちてきます。

そんなとき、肩と袖のはじっこにボタンをつけて、まくった際に留めておくと落ちてこなくてノンストレスです。ちょっと縫う手間がかかるけど、よかったらおためしあれ!

少しでも夏を涼しく快適に感じられるといいですね。夏休みがんばりましょうね。

おわり

(ぐっちぃ)

元記事で読む
の記事をもっとみる