1. トップ
  2. 上川隆也が“案内人”に 水橋文美江脚本、深川栄洋監督『さよならの向う側』放送決定

上川隆也が“案内人”に 水橋文美江脚本、深川栄洋監督『さよならの向う側』放送決定

  • 2022.7.26
  • 167 views
『さよならの向う側』で主演を務める上川隆也 (c)読売テレビ

9月期の読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマで『4週連続オムニバスDRAMA』と銘打ち、“心動かす2つのドラマ”を4週連続オムニバス形式で放送することが決定。その第1作、上川隆也主演『さよならの向う側』の詳細が発表された。

『さよならの向う側』は、清水晴木による同名小説を映像化するヒューマンドラマ。上川演じる“案内人”が、思いがけず訪れた死に戸惑う人々を、現世とあの世の狭間“さよならの向う側”で迎え、彼らの“最後の24時間”に寄りそう。案内人は、“さよならの向う側”にやってきた彼らにある提案をする。亡くなってからこの“さよならの向う側”を訪れた人は、24時間の間、会いたい人と会うことができる。ただし、あなたが死んだことをまだ知らない人とだけーー。親子、夫婦、想い合う男女……毎話登場する物語主人公たちは、人生の最後の24時間に誰と会うことを選ぶのか。

脚本を手がけるのは、『スカーレット』(NHK総合)、『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)の水橋文美江。映画『神様のカルテ』、Netflix映画『桜のような僕の恋人』などの深川栄洋が監督を務める。

【上川隆也 コメント】
●本作品の「案内人」を演じてみて
ありきたりですが『人間は捨てたもんじゃない』と演じながら思えたんです。
見るにも聞くにも堪えないような事件や出来事が日々起こっているような世の中ですけれど、その一方でやはり人の持っている『善性』は信じていたいですし、この物語にはそう思わせてくれる温もりがありました。各話のいたる所で、救われているような気持ちになれました。改めて、この案内人は演じがいがあったと思っています。

●本作品の見どころ
怪我をして松葉杖をついてる時、当たり前に左右の足を出して歩けることの有り難さに気付く様に。風邪ひいて寝込んでるときに咳き込まずに呼吸ができることの価値を思い知る様に。このドラマは、身近な人と話せるという『当たり前』が持っている重さにほんの少し気が付ける、そんな作品ではないでしょうか。
身近にある当たり前がちょっとだけ意味を持つような、そんな時間としてご覧になっていただけたら嬉しいです。

●清水晴木(原作)コメント
小説家になってからの夢の一つが映像化でした。というのも僕は元々学生時代に脚本家を目指していて、小説と同じくらいにドラマや映画が大好きだったからです。そしてその頃からの十年越しの想いがとうとう実りました。本当に本当に嬉しいです。
この『さよならの向う側』は今までで一番の特別な想いがこもった作品です。そしてその作品を同じくらいの熱をもって、素晴らしいキャストさんとスタッフさんに映像化して頂きました。観終わった後にはきっと大切な人に会いに行きたくなるドラマになっていますので楽しみにしていてください。
小説からドラマになることで、「さよならの向う側」という物語がこれからまたたくさんの人に届きますように。一緒にドラマを楽しむことができれば何よりも嬉しく思います。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる