1. トップ
  2. レシピ
  3. 日本酒をおしゃれに楽しもう♪女性に人気の「八咫(やた)」

日本酒をおしゃれに楽しもう♪女性に人気の「八咫(やた)」

  • 2015.10.15
  • 1723 views

日本酒の飲み比べができる立ち飲みバー「純米酒専門店 八咫(やた) 名古屋伏見店」。好みに合わせてコンシェルジュが選んでくれる一杯を、スタイリッシュな空間で楽しみましょう。

オフィス街にある、スタイリッシュな立ち飲みバー

地下鉄伏見駅より徒歩5分。オシャレなコーヒーショップなどが続々とオープンしているオフィス街に、「純米酒専門店 八咫 名古屋伏見店」はあります。

酒屋の2代目であるオーナーがオープンしたこちらは、日本酒のアンテナショップ。一般的な飲食店やバーとは異なり、「日本酒を試飲する場」として誕生しました。「ここでいろいろな銘柄を試しておいしさを伝えることで、日本酒のファンを増やしたい」と、オーナーの山本さん。この新たなスタイルが評判となり、今では1号店である栄店とこちら名古屋伏見店にとどまらず、東京にも2店舗構えています。

店内はコンクリート打ちっぱなしの壁に大きな窓を配したスタイリッシュなデザイン。カフェやバーのような空間で、日本酒をカッコよくたしなむことができます。

おすすめの一杯を選んでもらいます

一番人気のメニューは「60分利き酒コース」(2000円)。1杯は50mlと飲み切りやすい量で、一度飲んだものと同じ銘柄は選べないのですが、時間内なら何種類でも試飲できます。

店には全国から取り寄せた30〜50種類の純米酒が並びます。香りが華やかなもの、スッキリしたもの、米の旨味が感じられるもの、熟成させたものなど特徴もさまざま。

また、「銘柄や値段にとらわれず、おいしい1杯を見つけてほしい」と、日本酒のメニューが置いてないのも特徴。おすすめの1杯を選んでくれるというスタイルで、グラッパグラスやワイングラスでオシャレに日本酒が楽しめます。

カウンターにいるコンシェルジュに、「甘口」「辛口」「大吟醸」という注文でもいいですが、「リンゴのようなもの」「飲みやすいもの」「この料理に合うもの」と、好みを伝えるのもおすすめ。

もっと量をたくさん飲みたいという人には100mlの単品もあり、どの銘柄でも1杯500円でいただけます。

また、伏見店には酒屋の「Sake Labo gauss」が併設。お気に入りが見つかったら買って帰ることもできますよ。

日本酒に合うアテも充実

日本酒をさらにおいしく彩るアテは「クリームチーズのわさび和え」や「ホタルイカの炙り」「ホクホクポテトサラダ」など10種類以上あり、全て500円。

今回は、フルーティーでほのかな酸味のある「花巴」に合わせて「クリームチーズのわさび和え」をいただきました。クリームチーズにわさびの芽が練り込んであり、醤油につけて味わいます。店内には薄口や濃口、たまりなど全国各地から取りそろえた20〜30種類の醤油があるので、お好きなものを試してみては。日本酒とチーズという和洋折衷の組み合わせですが、クリームチーズにわさびが練りこんであるので、意外にも合いますよ。

さらに、ホタルイカをテーブルで炙りながら味わいました。噛めば噛むほどホタルイカの旨みが口いっぱいに。ほのかな苦味を流してくれる「太刀山」との相性も良く、お酒が進みます。

女性がふらりと気軽に入れる雰囲気

スタイリッシュな店内と、ワイングラスで飲むオシャレな純米酒、小さくて食べやすいおつまみが好評で、お客さんの7割が女性です。仕事帰りにひとりでふらりと飲みに来る人も多く、お客さん同士で日本酒談義に花が咲くなど、楽しいひとときが過ごせますよ。