1. トップ
  2. 「ソー」最新作はガンズ、「アイアンマン」はAC/DC…ツェッペリン、ニルヴァーナをフィーチャーしてきたMCU史をプレイバック

「ソー」最新作はガンズ、「アイアンマン」はAC/DC…ツェッペリン、ニルヴァーナをフィーチャーしてきたMCU史をプレイバック

  • 2022.7.18
  • 104 views

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)の最新作『ソー:ラブ&サンダー』(公開中)の予告編を見て、胸の高鳴りを覚えたロックファンは少なくないだろう。というのも、このトレーラーではハードロックの重鎮ガンズ・アンド・ローゼズの1988年のヒット曲「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」が、印象的なイントロから延々とフィーチャーされているのだ。実際のところ、MCUとロックは浅からぬ関係にあり、これまでにも多くの作品で、有名なロックナンバーが映画を盛り上げてきた。改めて、それらを振り返ってみようと思う。

【写真を見る】「アイアンマン」が関連する作品では、必ずと言っていいほどAC/DCの楽曲がフィーチャーされている

ソーはハードロックがよく似合う(『ソー:ラブ&サンダー』) [c]Marvel Studios 2022
ソーはハードロックがよく似合う(『ソー:ラブ&サンダー』) [c]Marvel Studios 2022

トニー・スタークのお気に入りバンドといえば、AC/DC!

まずはMCUの記念すべき第1作『アイアンマン』(08)。冒頭で、オーストラリアのハードロックバンド、AC/DCの「バック・イン・ブラック」が流れるが、これは主人公トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)のお気に入りのバンドという設定によるもの。これを受けて、『アイアンマン2』(10)のサウンドトラック盤は、AC/DCのベスト盤も兼ねるという驚きの展開となった。劇中ではオープニングで「スリルに一撃」、エンディングでは「地獄のハイウェイ」をフィーチャー。『アベンジャーズ』(12)では、キャプテン・アメリカの窮地を救うべく現れるアイアンマンの雄姿に「シュート・トゥ・キル」が重なり、強い印象を残した。

ちなみに、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(19)では、亡きトニーの面影をスパイダーマン/ピーター・パーカー(トム・ホランド)に重ね合わせたハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)が、「音楽は任せろ」と言って「バック・イン・ブラック」を流している。しかし、当のピーターはイントロを聞いて、「レッド・ツェッペリン最高!」と勘違いしているユーモラスな場面がある。

疾走感あるスパイダーマンのウェブ・スイングにぴったりなラモーンズ

そのピーターだが、ハードロックよりもむしろ、ニューヨークに住む下町っ子らしくニューヨーク・パンクがお好みの様子。『スパイダーマン:ホームカミング』(17)では元祖パンクバンド、ラモーンズの「電撃パップ」をバックに市街地を飛び回る。このナンバーは、エンドクレジットでもフィーチャーされ、ピーターの若々しさを強調することに。続く『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でもラモーンズは起用され、「アイ・ウォナ・ビー・ユア・ボーイフレンド」が、MJ(ゼンデイヤ)とのロマンスを盛り立てた。

70'sロックにあふれた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(14)の主人公スター・ロード(クリス・プラット)は、亡き母が遺したミックステープをいつも聴いているお陰で、1970年代のロックが身に染みついている。映画の冒頭、オーブを強奪する際にウォークマンで聴いているのは、ネイティブアメリカンのロックバンドとして人気を博したレッドボーンのヒット曲「カム・アンド・ゲット・ユア・ラブ」。盗みの真っ最中でも、ミドルテンポのこの曲に合わせてノリノリで踊るその姿が微笑ましい。ちなみに、続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)のオープニングでは、戦闘に忙しいスター・ロードに代わり、ベイビー・グルートがエレクトリック・ライト・オーケストラの「ミスター・ブルー・スカイ」に合わせてダンスを披露する。

ニルヴァーナなど90'sオルタナ・ロックの楽曲が印象的な『キャプテン・マーベル』

『キャプテン・マーベル』(19)では時代背景に合わせて、1990年代のオルタナ・ロックが多数使用された。なかでもメジャーなのは、主人公キャロル(ブリー・ラーソン)が人工知能の中枢で超高性能AIと会った際に流れるニルヴァーナの「カム・アズ・ユー・アー」。アネット・ベニングが扮するAIは、この気だるいメロディが印象的なナンバーをレコードでかけていた。また、この曲が収録された名盤「ネヴァーマインド」のプロデューサー、ブッチ・ヴィグが率いるバンド、ガービッジの「オンリー・ハッピー・ウェン・イット・レインズ」も、失われた記憶の糸を手繰り寄せてバーを訪れたヒロインの脳裏に、フラッシュバックする曲として使用されている。

レッド・ツェッペリンのワイルドなビートがマッチした『マイティ・ソー バトルロイヤル』

ハードロックに話を戻そう。トニー・スターク以外に、このジャンルが似合うキャラクターといえば、これはもうソー(クリス・ヘムズワース)に尽きる。豪快な性格には豪快なギターフレーズがよく似合う、というワケだ。ピーター・パーカーが間違えたレッド・ツェッペリンは、シリーズ3作目『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)でフィーチャー。クライマックスで敵の軍勢をたった一人で蹴散らすソーの雄姿に、「移民の歌」のワイルドなビートが重なり、とてつもない高揚感を呼び起こす。

全編にわたってガンズ・アンド・ローゼズをフィーチャーした『ソー:ラブ&サンダー』

そして最新作『ソー:ラブ&サンダー』。この映画の音楽的な主役は、最初にも触れたがガンズ・アンド・ローゼズだ。予告編でフィーチャーされていた「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」は、劇中でとあるアイテムの奪取に成功した際に流れるのみならず、エンドクレジットでも使用され、映画の余韻を引き立てる。さらに、ソーとガーティアンズ・オブ・ギャラクシーの共闘場面を「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」が盛り上げ、ジェーン(ナタリー・ポートマン)がある発見をする場面では「パラダイス・シティ」がエモーショナルな空気を駆り立てている。これらヒット曲の起用のみならず、ニューアスガルドに住む少年はガンズ・アンド・ローゼズの大ファンという設定で、ボーカリストの名にあやかってアクセルと改名するなど、小ネタも効いている。MCUのファンだけでなく、ガンズのファンも必見なのだ。さらに11月5日(土)・6日(日)にガンズの来日公演も決定。公演で『ソー:ラブ&サンダー』で起用された楽曲が聴けるのか、いまから期待が高まっている。

このほか、『アントマン&ワスプ』(18)で、アントマン(ポール・ラッド)の相棒の一人、ルイス(マイケル・ペーニャ)がイギリスのカリスマ的アーティスト、モリッシーのファンであることが発覚したり、ディズニープラスで配信されているMCUのドラマシリーズ「ミズ・マーベル」で、アメリカンロックの雄というべきバンド、ボン・ジョヴィのナンバーが使用されたりと、MCUにおけるロックの効果的起用はまだまだ存在する。MCU作品を見直す際には、ぜひ音楽にも注目してみてほしい。

文/有馬楽

元記事で読む
の記事をもっとみる