1. トップ
  2. メイク
  3. 『ワイルド・スピード』シリーズ8作目の監督はF・ゲイリー・グレイ!

『ワイルド・スピード』シリーズ8作目の監督はF・ゲイリー・グレイ!

  • 2015.10.14
  • 637 views

大人気カーアクション大作『ワイルド・スピード』シリーズの8作目となる『Furious 8(原題)』の製作が決定し、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』のF・ゲイリー・グレイ監督がメガホンを取ることが明らかとなった。

undefined

【関連コラム】惹きつける映像を生み出す、監督の"右腕"とは?

米E!Onlineによると、10月8日、グレイ監督がFacebookとTwitterにて、『ワイルド・スピード』シリーズの第8作を手掛けることを発表。ケヴィン・スペイシー主演の『交渉人』や『ブルドッグ』といった作品で知られるグレイ監督は、伝説のヒップホップグループ「N.W.A.」の軌跡を描いた新作『ストレイト・アウタ・コンプトン』が今夏全米で大ヒットを記録。その功績により今回の抜擢と相成ったようだ。監督はソーシャルメディアにて、「ヴィン・ディーゼルとニール・H・モリッツ、そして、ユニバーサル・スタジオ・エンターテインメントほどの良きパートナーは望めません。『ワイルド・スピード』シリーズの次章を届けられることにワクワクしています」と意気込みを語っている。

『ワイルド・スピード』シリーズで主役ドミニク・トレットを演じるヴィンとグレイ監督は、すでに『ブルドッグ』でタッグを組んでいるだけに、仕上がりが大いに期待できそうだ。そして、もう一人の主役ブライアン・オコナーを演じてきたポール・ウォーカーが2013年に交通事故で急逝したものの、ポールの弟で彼のボディダブルを務めたコーディーが、8作目にブライアンの兄弟ジャック・オコナーとして登場するとも噂されている。このほか、ホッブス役のドウェイン・ジョンソン、デッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムの続投も決定している。

グレイ監督が手掛けた『ストレイト・アウタ・コンプトン』は、12月19日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:F・ゲイリー・グレイ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net