1. トップ
  2. ファッション
  3. モトヒロ タンジ 2016年春夏コレクション - 複雑で“グロテスク”な人体内部をニットの編地で

モトヒロ タンジ 2016年春夏コレクション - 複雑で“グロテスク”な人体内部をニットの編地で

  • 2015.10.14
  • 546 views

モトヒロ タンジ(Motohiro Tanji)の2016年春夏コレクションが、2015年10月14日(水)、東京・渋谷ヒカリエで発表された。

ニットスタイルに特化したブランドであるモトヒロ タンジ。今シーズンは、30種類以上ある独自開発の編地を際立たせるべく、様々な趣向を凝らした。ニットに用いられる糸は全てコットン。同素材の1本糸で仕上げられたとは思えない豊かな表情が、各ルックで花開いた。

コレクションのテーマは「Internal observation(内部観察)」。人体や機械の内側にある、複雑でグロテスクなイメージをウェアに落とし込んだのだと言う。パレットは、定番のモノトーンに加え、血液をイメージしたレッドがラインナップ。あらゆる編地がレイヤードされたスタイルは、まさに“内部構造”を具現化しているようだった。

会場の照明は、モデルを取り囲むように下から設置。陰影が立体感を強調し、テキスタイルの持つ味わいを引き立てているだけでなく、内部を晒し出す、あぶり出すと言った、テーマにも通じる部分があり、一貫した軸がショー全体を通して見受けられた。