1. トップ
  2. 『バズ・ライトイヤー』ソックス人気を人間×ロボットの関係性から考察 “愛嬌”がカギに?

『バズ・ライトイヤー』ソックス人気を人間×ロボットの関係性から考察 “愛嬌”がカギに?

  • 2022.7.12
  • 102 views
『バズ・ライトイヤー』(c)2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』が7月1日に劇場公開された。ピクサー作品が劇場公開されるのは、2020年の『2分の1の魔法』以来2年振りだ。本作は、ピクサーの代名詞とも言える『トイ・ストーリー』シリーズに登場するおもちゃ「バズ・ライトイヤー」の元となったキャラクターの活躍が描かれる。

今作が公開前に注目を集めたのは、「『トイ・ストーリー』シリーズでおもちゃたちの持ち主だったアンディが、1995年に映画『バズ・ライトイヤー』を鑑賞している」という設定だっただろう。アンディはこの映画を観て「バズ」を好きになり、『トイ・ストーリー』(1995年)の冒頭でバズのおもちゃを貰い、大喜びしているのだ。『トイ・ストーリー』シリーズ(特に1、2)でもバズが人気のおもちゃであることが分かる。しかし、本作でもっとも魅力的だったのは、ライトイヤーの相棒であり司令官でもあったアリーシャが、彼にプレゼントした猫型ロボットの「ソックス」だったのではないか。

今作は、主人公であるライトイヤーが地球外の惑星から自分達の星へ帰還するため奔走するさまが主に描かれている。ライトイヤーは、地球へ帰るため亜光速でテスト飛行を繰り返すうち、惑星で待つ仲間たちとの経過時間がズレる、所謂“ウラシマ効果”が生じ、すっかり代替わりした仲間たちから孤立して行く。そんな中、いつも変わらぬ姿でライトイヤーを待ち続けてくれるのがソックスなのだ。

ソックスはかわいい猫型ロボットなだけではなく、ハイスペックで賢い一面もある。人間には解けなかった高度な計算式が解ける能力があるうえに、プロジェクターやレーザーも搭載。頭が良く頼りになるのはもちろん、撫でると喉をゴロゴロ鳴らすかわいさも兼ね備えている。また人語を理解し話すことができるため、1人取り残されていくライトイヤーの支えとなり、なくてはならない存在として描かれるのだ。SF作品で人間と共に活躍するロボットといえば『スター・ウォーズ』シリーズに登場するドロイドたちが印象深いが、ソックスの1番の魅力は“猫型である”ことだ。

猫型のロボットが本作に登場することとなったのは、本作の監督であるアンガス・マクレーンが大の猫好きだったから。マクレーン監督は「ピクサー作品に犬のキャラクターは多く登場するが、猫のキャラクターが少ない」ことに気付き、猫型ロボットのソックスを登場させた。主人公に寄り添い、支えとなる存在が、私たちに馴染み深いペットの猫から着想を得ている点は、非常に感情移入しやすい。

ロボットと人間の関わりは興味深い。例えば、昨今話題の「LOVOT」は、ペットのように可愛がる“役に立たない”ロボットだ。また、ソニーが販売している犬型ロボットの「aibo」は、1999年の発売当初から多数の飼い主がいるが、旧型aiboのサポートが終了した後に故障すると、大事なペットと別れるほかなくなることが話題となった。一方で、人間と中途半端に似ているロボットや、動きが極端に細かくしなやかなロボットは“不気味の谷”に落ちやすい。2020年7月のコロナ禍で開幕されたプロ野球では、福岡ソフトバンクホークスの応援団としてロボットの「Pepper」と「Spot」が応援席でダンスする様子が話題となったが、「かわいい」という反応の他に、「怖い」「不気味」などの反応も多かった。ロボットは主に人間の生活や安全を守るために作られるが、同時に、人間に受け入れられ、愛される要素も必要になるのだ。

本作に登場するソックスは実際にファンから人気が高く、アメリカや日本ではソックスの関連グッズが売り切れるほどだ。また、本作は大人向けなストーリー展開なので、「ソックスの存在がなければ、子どもが最後まで飽きずに観ることはできなかったかもしれない」との意見も耳にした。ソックスはAI搭載のロボットであり、自分でものを考え行動するシーンも多い。アニメーションに登場するキャラクターとはいえ、私たちはソックスを“ロボット”と認識するとともに、それ以上の存在価値を感じるのだ。それは、ただのペットロボットではない大活躍と愛くるしい行動に、魅力と親しみを感じるからだろう。

いつか私たちの日常でもロボットと生活し、ロボットを家族のように感じられる日が来るかもしれない。そんな時、私はソックスのように魅力的で愛らしく、いつまでも一緒に居てほしいと思えるような、かけがえのない存在になりうるロボットと共に生活できたらと思う。

・参照

https://exp-d.com/interview/4482/
https://www.cinematoday.jp/news/N0131009
https://wired.jp/2015/11/06/uncanny-valley-creepy-robot/
https://youtu.be/7VhhGOBKu9k
(yoruno)

元記事で読む
の記事をもっとみる