1. トップ
  2. 杉野遥亮、ヤンキーから御曹司に “支える”ポジションで新たな魅力を発揮<ユニコーンに乗って>

杉野遥亮、ヤンキーから御曹司に “支える”ポジションで新たな魅力を発揮<ユニコーンに乗って>

  • 2022.7.7
  • 105 views
杉野遥亮がビジネスパートナー役で見せる新たな一面 「ユニコーンに乗って」第1話より (C)TBS
杉野遥亮がビジネスパートナー役で見せる新たな一面 「ユニコーンに乗って」第1話より (C)TBS

【写真】佐奈(永野)の腕を取って走り出す功(杉野)。青春!

永野芽郁が主演を務める新火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第1話が7月5日に放送された。佐奈役・永野の爽やかさや“大人の青春ストーリー”への好感もあり、放送後はTwitterでも世界トレンドで1位に躍り出るほどの反響ぶり。そんな同作で注目を集めたのが、佐奈を支える創業メンバー・須崎功。演じるのは、ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(2021年、日本テレビ系)で一途な“ヤンキー”を演じた杉野遥亮だ。(以下、ネタバレがあります)

佐奈に想いを寄せるビジネスパートナー

「ユニコーンに乗って」は、教育系アプリを手掛けるスタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO・佐奈のもとに、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマン・小鳥智志(西島秀俊)が部下として転職してきたことから始まる“大人の青春”ドラマ。仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を爽やかに描く。

杉野が演じるのは、CTO(技術責任者)として会社と佐奈を支える功。大手不動産グループの一人息子だが、初回で大学にこっそりもぐりこんで授業を受けていた佐奈と出会い、起業の道へ。家族とは疎遠状態である一方、佐奈とは仕事以外のことも何でも話せるビジネスパートナーだ。

また、番組サイトの人物紹介によれば“長年、佐奈に思いを寄せており、いまだ告白できないでいる”という。初回でも、功が佐奈をそっと見つめるシーンが何度か登場した。

「ユニコーンに乗って」第1話より (C)TBS
「ユニコーンに乗って」第1話より (C)TBS

「恋です!」ではド直球ヤンキーを好演

杉野といえば、最近ではドラマ「恋です!―」で見せたヤンキー・黒川が印象深い。杉咲花演じる弱視の少女・ユキコを真っすぐに愛し、「ユキコさん! 好きです!」とド直球で伝える素直で無邪気なキャラクターが視聴者の心をつかんだ。

「ユニコーンに乗って」第1話より (C)TBS
「ユニコーンに乗って」第1話より (C)TBS

そんな明解なキャラクターから一転、今回は密かに佐奈を思いながらもなかなか告白できないという役回り。外回りからなかなか戻らない佐奈を迎えに行ったり、自宅でも「CEOってしんどいよな」と佐奈の苦労に思いを巡らせたりと、あくまでもビジネスパートナーとして一歩引いた立ち位置で見守っている。

「必要な資料そろえておいた」と仕事面でがっちり佐奈をサポートし、「佐奈が思いついたアイデアを俺たちが一気に形にしていく。いつもそうだったろ」と声をかける姿には、創業直後の数年間を支えてきたからこその安心感が感じられる。杉野の穏やかな口調と落ち着いた雰囲気が、功の醸し出す安心感の源だ。

愛する相手を陰からそっと支える功のキャラクターは、誠実で清潔感ある杉野自身の魅力にも重なる。だが、「ユニコーンに乗って」は登場人物一人一人の“大人の青春”を描く成長物語でもある。功が今後、そっと支える今のポジションからどう立ち位置を変えていくのかにも注目したい。(文=ザテレビジョンドラマ部)

元記事で読む
の記事をもっとみる