1. トップ
  2. グルメ
  3. 夏の太陽がテーブルに集合?!オレンジカラーのスイーツ5選

夏の太陽がテーブルに集合?!オレンジカラーのスイーツ5選

  • 2022.7.6
  • 3085 views

夏の太陽みたいにまぶしいスイーツはいかが? 見た目からパワフルで元気が出るオレンジカラーのスイーツ5つを、プロがセレクト!

まるで本物のマンゴー!?と話題のケーキ

「THEマンゴー」マンゴーバタークリームで果肉つつみ 2個入 ¥1,512/バターステイツ

「バターステイツ」の誕生1周年を記念して、まるごとマンゴーのようなケーキが登場。カスタードにバターを加えた自家製のマンゴーバタークリーム、マンゴー果肉やマンゴーパッションのコンフィチュールを合わせて、どこを食べてもマンゴー尽くめ!

フードジャーナリスト・里井真由美さんおすすめコメント
「まるでマンゴーの四重奏! マンゴーバタークリームやジュレなど技光る味わいと断面美」

バターステイツ
https://www.butterstates.jp/

ふたを開けたら、一輪の花のように広がるフレッシュマンゴー

マンゴーレアチーズケーキ(ペニンシュラシェフベアの焼き印付き木箱入り)¥1,080/ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ ※販売は店頭のみで、販売期間は2022年8月31日(水)まで

レアチーズケーキの上にマンゴーをぎっしり敷き詰めたリッチなスイーツ。4種類の味と食感が豊かなハーモニーを織りなす。

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ
https://www.peninsula.com/ja/tokyo/hotel-fine-dining/the-peninsula-boutique-cafe

期待感が上がるオレンジカラーのボックスもポイント

パッション¥3,800/ル・ガトー・デ・ナンテ

フランス大使館 総料理長のこだわりと郷土愛に満ちたスイーツが揃う「ル・ガトー・デ・ナンテ」。上質な砂糖とアーモンド生地をベースにしたフランスナント地方発祥の郷土菓子。新発売のパッションフルーツが早くも大人気。

フードジャーナリスト・里井真由美さんおすすめコメント
「伝統の味を活かしながら、おしゃれさと上質さがグンとアップしたこだわりの郷土菓子」

ル・ガトー・デ・ナンテ
https://legateaudesnantais.com/

マンゴーの芳醇な香りに酔いしれる贅沢な一品

ショートケーキ・マングー¥600(予定価格)/トシ・ヨロイヅカ ※店頭のみの販売

フレッシュなマンゴーをふんだんに使用した、夏らしさ満点のショートケーキ。ひと口食べると濃厚な甘さとトロピカルな香りが口いっぱいに広がり、幸せな気分に。意外とさっぱりと食べられる!

トシ・ヨロイヅカ
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/

見た目も味もオレンジそのもの!

スペシャルオレンジジェリー¥810/日本橋 千疋屋総本店

オレンジの果肉を丁寧にくりぬいてジェリーを流し込んだ、見た目もふるふるとした食感も楽しい長年愛されているデザート。ほんのり甘い、搾った果実のフレッシュな味わいをそのまま閉じ込めたような、清涼感たっぷりの贅沢な一品は、夏の手土産やギフトに最適。

スイーツジャーナリスト・平岩理緒さんおすすめコメント
「ふるふるとした食感の口当たりも良く、皮から立ちのぼる華やかな香りも夏のごちそう!」

日本橋 千疋屋総本店
https://www.sembikiya.co.jp/

里井真由美(さといまゆみ)
フードジャーナリスト。食と食文化の専門家としてTV・雑誌などメディアを中心に活躍。農林水産省の食料・農業・農村政策審議会委員も務める。

平岩理緒(ひらいわりお)
スイーツジャーナリスト。1ヵ月に200種類以上の和洋菓子を食べ歩き、雑誌やWEB、ラジオ、TV等で、最新トレンドや歴史文化などのスイーツ情報を発信。

TEXT=GINGER編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる