1. トップ
  2. レシピ
  3. 保育園にいる子どもの様子がリアルタイムで分かるサービス「せんせいみて!」提供開始

保育園にいる子どもの様子がリアルタイムで分かるサービス「せんせいみて!」提供開始

  • 2022.7.5
  • 226 views

“デザイン×アイデア×ITで すべての人を次の世界へ”をミッションとするルクレは、子どもの成長共有サービス「せんせいみて!」の提供を6月27日(月)よりスタートした。

サービス開始の背景

厚生労働省「令和3年4月の待機児童数調査のポイント」によると、2021年度の待機児童は5,684人と前年度から54%減少しており、待機児童ゼロ時代は間近に迫っているという。

これに伴い、共同通信「保育所空き人数、3年で1.5倍」によると全国の認可保育所では全体の66%と定員割れが発生しているそう。保育業界の重心は、ICTシステムによる業務効率化から、他園との差別化へシフトし始めている。

そこで同社は、スマホを持ち歩くことが当たり前になった時代ならではの「保育の見える化」に着目。保育士の目線から捉えた子どもの成長が、リアルタイムで保護者に伝わる「せんせいみて!」を企画・開発した。

子どもの様子を共有できる

「せんせいみて!」は、保育園で預かっている子どもの様子を、保護者にリアルタイムで共有できるサービスだ。

先生専用端末「ライブシェア」で撮影された写真や5秒動画は、すぐに保護者用専用アプリに届き、タイムラインに24時間表示される。

子どもが今、何をしているかがひと目で保護者に伝わる。園庭や散歩など、屋外での様子も分かるのも嬉しい!

さらに、同サービスは、マスクを着用していても94.1%見つけることができるという独自の顔認識「うちの子AI」が搭載されている。

AIが園児ごとの共有回数をカウントし、写真や動画を偏りなく共有することが可能だ。また、撮影NGの園児については、AIが自動で検知写真や動画を公開する前に気付けるとのこと。

保護者向けアプリでは、我が子が主役の体験を保護者1人1人に提供される。先生が子どもの様子を共有すると、その子どもの保護者にだけ自動で通知。自分の子どもに関係のない通知で、保護者を煩わすことがない。

必要最低限だからこそ保護者は通知を信頼し、成長の見逃しを防げるようになっている。

ユーザーからのコメント

サービスを利用する、かしわきゃんぱすこころ保育園の保育士は、“「見えない保育」が「見える保育」に変わりました。こどもたちの様子をリアルタイムで見せることが、保育園の強みになっています。保護者さんに安心してもらえるだけでなく、こども一人ひとりにどれだけ手をかけているか、伝えることができるようになりました。”とコメントしている。

日々の子どもの成長が伝わり、先生と保護者の信頼関係が深まるサービス「せんせいみて!」を、チェックしてみて。

せんせいみて!:https://senseimite.com/

元記事で読む
の記事をもっとみる