1. トップ
  2. ヘア
  3. そろそろ、気になる? グレイヘア対策には【イヤリングカラー】が大正解♡

そろそろ、気になる? グレイヘア対策には【イヤリングカラー】が大正解♡

  • 2022.7.5
  • 58965 views

年齢とともに気になってくるグレイヘア。せっかくならグレイヘアを上手に活かした【イヤリングカラー】にトライしてみませんか?耳元を彩るイヤリングカラーなら、気になる生え際もおしゃれに対策できるはず。見本スタイルをいくつか紹介するので、早速チェックしていきましょう!

生え際のハイトーンがおしゃれに♡

画像1: 出典:Instagram
出典:Instagram

耳上をハイトーンに染めたイヤリングカラーは、おしゃれ見えを叶えつつ、顔まわりをパッと明るく見せてくれる効果も期待できます。顔まわりの生え際からトーンアップすることで、若々しくフレッシュな印象を目指すのにぴったりです。定番のボブヘアも、アクセントのカラーが加わることで一気にハイセンスに。今のトレンドを手軽に取り入れたい方にぴったりです。

ミディアムヘアに立体感を

画像2: 出典:Instagram
出典:Instagram

ハイトーンのイヤリングカラーを取り入れたミディアムヘア。一部だけ明るくなることで立体感が生まれ、ラフなミディアムでもサマ見えしやすくなりそう。グレイヘア対策としてはもちろん、毛量でお悩みの方にもおすすめです。全頭ブリーチではないので、派手すぎる髪色には抵抗があるという方でもトライしやすいですよ。

耳掛けショートで横顔美人に

画像3: 出典:Instagram
出典:Instagram

ショートスタイルにほんのりとしたイヤリングカラーをプラス。耳元に色が入ることで、耳掛けした時の表情変化を楽しむことができます。アレンジ幅が狭くマンネリ化しがちなショートヘアにも変化をプラスできるので、暑い夏シーズンに髪を伸ばしたくない方にもおすすめ。 こちらはベージュカラーですが、レッド系やブルー系など派手めカラーを採用するのもありです。

明るめヘアもダメージ最小限で

画像4: 出典:Instagram
出典:Instagram

イヤリングカラーのようなワンポイントのハイトーンなら、髪の毛のきしみや乾燥などのヘアダメージを最小限に抑えつつ、明るめヘアを楽しむことができます。スタイリングの際に、極端に巻いたりしなくてもこなれ感が出て、ナチュラルな質感を保ちやすいですよ。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@ryoto_laundry様、@re_i_ya様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

Writer:Anchan

元記事で読む
の記事をもっとみる