1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性に「異性」として意識させる方法と興味を持った人に示すサイン

男性に「異性」として意識させる方法と興味を持った人に示すサイン

  • 2022.7.5
  • 2209 views

男性に「異性」として意識させる方法と興味を持った人に示すサイン

みのり

好きになった人には、恋愛対象として見られたいですよね。でも、「どうすればいかわからない!」といった方も多いはず!
そこで今回は、男性から「異性」として意識してもらうためのコツと、男性が興味を持った女性に向けるサインについてご紹介します。

男性の理想に近づける

好きな人に意識してもらうためにはまず、その人の理想に近づけていくのが最短の道!例えば、仕事ではパンツスーツと決めていたのを、たまにはスカートやワンピースを着てみる。眼鏡をしているのなら、思い切ってコンタクトに変えてみると、かなり見た目の印象はガラッと変わります。

ほかにも、一度も黒髪から染めたことがないなら、髪を明るい色に染めてみるのもありです。「誰だっけ?」と興味を引きつけられるメリットもありますよ!意中の男性が好きな芸能人が分かれば、そのテイストに少しずつ近づけていくのもいいかもしれません。

「気がついたら理想の女性が目の前にいた!」と異性として意識してくれる可能性が高まります。好みが全く分からない方は、まずは自分に似合うファッションを探すところから始めてみて下さい。

さりげなく好意を伝える

自分に好意を持ってくれていると分かれば、やはり誰だって意識してしまうもの。直接的でも間接的でも、以降その相手と話すとなればドキドキします。

方法は色々ありますが、ストレートに「好きです」と告白するのも一つ。もし具体的に「好きです」というのは恥ずかしいなら、「タイプです」やさりげなく「こういう所いいよね」という言い方もありますよ。または、共通の知人から気持ちを伝えてもらうことも効果的。仕事関係の異性なら、こまめに連絡をしてみましょう。

このときに、1日に必要のないメールやラインを何度もすると、かえってしつこいと好感度が下がるので要注意。周りにも迷惑をかけない程度に、他の人との接し方と変化をつけてみて下さい。

二人きりになろうとする

二人きりになると、否が応にも親密さが増して、男性は異性として意識します。例えば、エレベーターの中や車の中、社外に買い出しに行く時など、さりげなく二人きりになってみてください。

ここで注意したいのは、あからさまに二人きりになろうとしないこと。どこでもついていくと、「鬱陶しい」と思われる可能性があります。誰から見ても分かるやりすぎアピールは、相手にとっても迷惑ですからね。

ほかにも、会社だけではなく通勤途中や通学途中、電車の中で隣に立つあるいは駅から会社や学校まで並んで歩いていくときにも!できるだけ偶然を装って挨拶から始め、ちょっとした会話を織り交ぜましょう。気がついたら毎朝一緒に歩いている、連絡を取るようになったら、男性もあなたの気持ちに築くはずです!

ちょっとしたフォローをする

みのり

好きな男性が同じ会社の人なら、仕事でのフォローやお手伝いから距離を縮められます。例えば、残業を手伝ってあげたり、夜食をさしいれてあげたり、あなたが上司や同僚なら悩み相談に乗ってあげましょう。

また同じプロジェクトチームで仕事をしていると、進捗状況を聞いたりアドバイスしたり、リーダーとの橋渡し役をしたりと、何かと関わるキッカケが多くなります。

もしアドバイスを行うのであれば、上から目線ではなく同じ目線で、相手の立場になって一緒に考えるのです。親身になって聞いているうちに、相手も徐々に意識することでしょう。そのためにはまず、あなた自身が仕事に真面目に取り組む事。結果や評判が良いと、それだけで尊敬されますからね。

会話する機会を増やす

相手に意識されるには、とにかく話すなど関わる機会を増やすこと。会話の中で異性として見られるように、ちょっとしたボディタッチや目を見つめるといったことを取り入れてみましょう。

例えば、肩をポンポンとたたいて「○○さん、ちょっといいですか」と話しかけてみたり、面白いことを言ったら相手の腕にさりげなく触れてみるのも一つ。時には、会話しながらふとしたタイミングで見つめる時間を取ってみるのも良いかもしれません。

具体的に相手に言うおすすめのフレーズとしては「がんばってるね」「手が大きいね」「背中広いんだね」「○○って素敵」です。他にも、相談したりしてみることで自然と二人っきりになれますし、男性も頼られていることに嬉しくなるでしょう。

興味がある人へのサイン①見られている

相手の男性が自分に興味を持ってくれているのかは、サインでわかります。ひとつは、その一つに自分が相手から見られていると感じたときが挙げられます。「ふとしたときによく目が合う」「何となく相手からの視線を感じる」というのは興味を持っているということです。

例えば、会社の同じフロアで離れたところにいるのに目が合ったり、他の人と話している時に男性に見られている気がするなんてケースも…。特に、男性の目がキラキラしているなら、興味を持っている可能性よりはアップします。

さらに二人で会話をしているときに、顔も体もこちらに向けているならあなたに好意がある証拠。もし確かめたいのなら、会話しながら相手の言葉使いや仕草を、ときどきは観察してみてくださいね。

興味がある人へのサイン②同じような行動をとる

自分と同じような行動を相手もとっているというのであれば、興味があると言えるでしょう。例えば、こちらが飲み物を飲んだら相手も同じように飲む、こちらが髪をかき上げたら相手も髪に触れている、などといったことはありませんか?

ほかにも、話している途中で後ろを振り向いたら、相手も同じ方向を見ていたなんてのも!異性男性問わず、仲の良い友人でもこういったシンクロのようなことって起きますよね。

心理学的にも、同じ行動をするのは「その人の味方であるというアピール」「あなたともっと仲を深めたいサイン」だとされています。あなたに興味があるからこそ、無意識に真似してしまっているのです。なので想いあっているのであれば、あなたも男性の動きを真似してみると良いかもしれません。

興味があるサインを受け取ったら…?

では、興味があるというサインを受け取ったら、どうしたらよいのでしょうか。あなたもまた相手に好意があるのなら、自分から積極的にアピールしていきましょう。ここは、二人の距離を縮めるチャンス!思い切ってご飯にやお茶などに誘ってみてもいいかもしれませんね。おそらく誘いを断られる確率は低いでしょう。

相手の男性に話しかけるときは、相手の好みや趣味などを聞いたり、あらかじめリサーチしておくと良いですよ。グルメなら「おいしいお店教えてください」と言ってみると相手も気は悪くしないはず…。

ただ、あまりにも一方的に気持ちが盛り上がりすぎると、相手が萎縮したりかえって好感度が下がる恐れがあるので要注意。つねに「しつこくないか」など、自分を見つめる冷静さも持ち合わせておくのを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。男性から異性として意識させる方法と、興味ありのサインについて、ポイントをお伝えしてきました。大切なのは、「わざとらしくならないこと」「しつこくしないこと」「ラインやメールはほどほどに」ということです。

恋愛では、男女は対等ですから我を忘れることがないように、楽しく恋愛ライフを送りましょう。またもし、相手から興味を持たれたと感じたら、あなたからも話す機会を増やしてみると一気に距離が縮まるでしょう!

画像出典:istock

元記事で読む
の記事をもっとみる