1. トップ
  2. 「トップガン マーヴェリック」が1位を守る! 2位に「バズ・ライトイヤー」、3位に「映画 ゆるキャン△」など新作3本が初登場【国内映画ランキング】

「トップガン マーヴェリック」が1位を守る! 2位に「バズ・ライトイヤー」、3位に「映画 ゆるキャン△」など新作3本が初登場【国内映画ランキング】

  • 2022.7.5
  • 95 views

「トップガン マーヴェリック」が1位を守る! 2位に「バズ・ライトイヤー」、3位に「映画 ゆるキャン△」など新作3本が初登場【国内映画ランキング】

画像1
「トップガン マーヴェリック」 / (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

7月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週の動員ランキングは、「トップガン マーヴェリック」(東和ピクチャーズ)が土日2日間で動員23万6000人、興収3億9100万円をあげ、1位の座を守った。累計成績は動員487万人、興収76.3億円を超え、歴代興収ランキングのベスト100では「ズートピア」と並び84位に入ってきた。

新作では2位に、「トイ・ストーリー」シリーズに登場する仲間思いのおもちゃの“バズ”のルーツが描かれる「バズ・ライトイヤー」(ディズニー)が、動員20万5000人、興収3億600万円をあげ初登場。初日から3日間では、動員26万人、興収3億8300万円を記録している。監督は「トイ・ストーリー」シリーズの短編「ニセものバズがやって来た」などを手掛けたアンガス・マクレーン。声の出演は、クリス・エバンス、キキ・パーマー他。また、日本語吹替版では、鈴木亮平、今田美桜らが参加している。

3位は、あfろ原作による人気アウトドア系ガールズストーリー初の劇場版となる完全オリジナル作「映画 ゆるキャン△」(松竹)がランクイン。アニメーション制作はこれまでのTVシリーズを手掛けてきたC-Station。スタッフは「ゆるキャン△」「ゆるキャン△ SEASON2」でも監督を務めた京極義昭をはじめとする制作陣が再び集結。声の出演は、花守ゆみり、東山奈央、原紗友里他。

5位には、1950年代に禁断の音楽“ロック”で世界を変えた伝説のスーパースター、エルヴィス・プレスリーの人生をバズ・ラーマン監督が描いた「エルヴィス」(ワーナー)が初登場。出演は、エルヴィス役に大抜擢されたオースティン・バトラーの他、エルヴィスの悪名高いマネージャー、トム・パーカー役をトム・ハンクスが演じている。

続映作品では、公開4週目を迎えた「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」(東映)が4位となり、累計成績は動員140万人、興収19億円を突破。

また、10位の「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」(東宝)は、累計で動員653万人、興収91億円を突破し、2018年公開の「名探偵コナン ゼロの執行人」の最終興収である91.8億円に迫ってきた。

元記事で読む
の記事をもっとみる