1. トップ
  2. 町田啓太の『テッパチ!』“座長”ぶりを北村一輝が絶賛 「気持ちがいい現場になっている」

町田啓太の『テッパチ!』“座長”ぶりを北村一輝が絶賛 「気持ちがいい現場になっている」

  • 2022.7.5
  • 164 views
『テッパチ!』(c)フジテレビ

7月6日よりフジテレビ系で放送がスタートする町田啓太主演の水10ドラマ『テッパチ!』のマスコミ向け囲み取材が7月4日に都内で行われ、町田啓太、佐野勇斗、白石麻衣、北村一輝の4人が登壇した。

完全オリジナル企画となる本作は、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。町田が演じる国生宙には、ある挫折をきっかけに、人と向き合うことから逃げてきた過去がある。そんな宙が“やけっパチ”な自衛官候補生として、家族のような一体感を大事にする自衛隊という組織の中で成長していく。高校時代に寮生活を送っていた町田には、先生の中に元自衛官やレンジャー部隊がいたこともあり、撮影に入った時は「懐かしい」という感覚があったという。

佐野が演じる馬場良成は、学生時代に吹奏楽部でトランペットを担当。一度は一般企業に就職したが、自衛隊音楽隊に憧れ自衛官候補生への道に進むことになる。真面目で心優しい性格ながら宙とバディを組み、候補生・第一斑メンバーではリーダー的役割を担う。佐野は筋トレでの増量とトランペットの練習に励んでいるらしく、その演奏と役柄について町田は「一発目から音が出ていて、センスの塊というのをみんなから聞いていました。夢に頑張っている馬場の姿がたくましいですし、感情移入できる役です」とコメントする。

白石が演じる桜間冬美は、防衛大学校を卒業したエリート自衛官。候補生らの教官となり、宙は冬美に一目惚れすることとなる。白石は冬美の人柄について「クールそうに見える冬美ですが、彼女なりに強がりな部分だったり、素直になれない部分もありつつ、いろんな感情が芽生えていきます」と明かしつつ、同じ教育隊で北村が演じる八女純一とのとの関係性も大事になってくると北村へと話を繋げていく。

そんな北村が演じる八女は、情に厚く、正義感が強い男。教官という役柄からか、勢いよく立ち上がりマスコミ陣への丁寧な挨拶から始め会場の笑いを誘う北村は、役作りのために髪を刈り上げたのが勇気がいったと明かす。

本作は防衛庁全面協力のもと、実際の駐屯地での撮影や本物の自衛艦のエキストラが出演している。白石は演じる冬美と同じ2等陸尉の女性自衛官と話す機会があったと語り、敬礼や所作、声の出し方を教わったという。また、北村は自衛官の方々と実際に会話をする中で、「僕らを民間と呼ぶ」ということに、大きな価値観の違いを感じたと話し出す。「被災地で活躍している姿を僕らは見ますが、その裏で例えばそこに何日もいる時に、寝る場所がないかもしれない。地面に平らな場所があれば、彼らはすごくいい場所を見つけたと、そこで寝るんです。それを当たり前のようにするために、どれくらい過酷な練習をしているのかを間近で見ることができました」「自分たちが守られていることに気づいていない。守る立場の人たちが誇りを持って仕事をしている。その人としての志の部分に関心しかなかったです」と熱弁し、その意識や志がドラマにも息づいていることを語った。

また、個性豊かな登場人物の中でオススメのキャラクターを聞かれた北村は、「一人ずつ面白くできていて、誰がどうというよりも、全員のバランスが絶妙になっていて。最初はめちゃくちゃなんだけど、第1話から第2話、第3話、第4話と回を重ねるごとにビシッとしていくんですよ。その成長過程が魅力的なので、内面的な部分を見ていただけたら」と見どころを述べた。

取材日当日の7月4日は町田の32歳の誕生日だった。会見の直前にキャスト陣からのお祝いがあったらしく、「野太く、そしてパワフルな声でハッピーバースデーをみなさんに歌っていただきまして感激しました」と振り返る。プレゼントは、役作りにも最適なササミ。「32歳の最初は筋肉質な年を過ごすかな」と抱負を述べる。北村が「歌わないの?」と切り出し、歌の導入部分はM!LKのメンバーとしても活躍する佐野が涼やかな入りで歌い出しを決めたとのこと。

また町田はドラマのプロモーションでバラエティ番組に出演した際に、チームとしての一体感を感じたらしく、「現場でもずっとコミュニケーションを取っていますし、このシーンどうしようかとディスカッションしながら作っていく感じがあるので、現時点でも熱量が高まっていて、気持ちがいいですね」と話が進むごとにチームワークが強まっていることを語る。

そんな町田と北村は撮影に入る前に食事に行く機会があったとのことで、町田の座長としての立場に北村が「自分のことよりも全体像を考えていて。これから活躍していく若い子がいっぱい出ている中で、言いたいことが言えないということがないような現場を作ろうとしているのは感じます。客観視した中でみんなのことを考えていて、ドラマを人間同士で作っていく中で、見ていて気持ちがいい現場になっている……これは書かなくていいですよ」と笑いを交えながら力説していた。

会見が終わると、北村が一人「今日はお忙しい中、どうもありがとうございました!」とマスコミ陣に向けて深々とお辞儀をする。去ろうとしていた町田らが慌てて部屋に戻り、北村の「みなさん、お忙しいんですよ……礼!」という掛け声を合図に4人で感謝を伝え、その一体感、チームワークを滲ませていた。(渡辺彰浩)

元記事で読む
の記事をもっとみる