1. トップ
  2. 大野拓朗、美弥るりからが大爆笑!上山竜治、地球ゴージャス稽古中は「一番小さいTシャツを選んで、ピチピチで…」

大野拓朗、美弥るりからが大爆笑!上山竜治、地球ゴージャス稽古中は「一番小さいTシャツを選んで、ピチピチで…」

  • 2022.7.4
  • 99 views
「―クラウディア」のプレスコールと取材会が行われた WEBザテレビジョン撮影
「―クラウディア」のプレスコールと取材会が行われた WEBザテレビジョン撮影

【写真】上山竜治のコメントに爆笑する美弥るりか

7月4日(月)の初日を皮切りに、東京と大阪で上演される「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」のプレスコールと取材会が都内で行われ、脚本と演出を務める岸谷五朗、出演の大野拓朗、甲斐翔真らが登壇した。

「クラウディア」は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」で2004年に初演、2005年の地球ゴージャス10周年記念の際にアンコール上演された岸谷の「反戦三部作」の第1作目。桑田佳祐が書き下ろした「FRIENDS」ほか、サザンオールスターズの数々の楽曲でつづるジュークボックスミュージカルで18年振りの再演となる。

プレスコールでは毘子蔵役の小栗基裕、織愛役の美弥るりか、ヤン役の中河内雅貴らによる「恋のジャック・ナイフ」、細亜羅役の甲斐とクラウディア役の門山葉子らによる「真夏の果実」、神親殿役の湖月わたる、龍の子役の新原泰佑らによる「愛の言霊 〜Spiritual Message〜」が披露された。

取材会の様子 WEBザテレビジョン撮影
取材会の様子 WEBザテレビジョン撮影

細亜羅役の大野は、「和製シェイクスピアこと五朗さんが書かれた深くてメッセージが強くてそしてロマンティックなこの作品をアンサンブルのみんながすごい熱量で全身全霊で表現してくださって…。その熱量に刺激を受けて、ここにいる全員で熱をお客様に伝えていければと思います」と意気込みを語る。

織愛役の美弥は、かつて地球ゴージャスを観劇した際のエピソードを披露。「実は4年前に地球ゴージャスを初めて観劇させていただいた時、五朗さんと寺脇さんにごあいさつをさせていただいていて。その時に覚えていらっしゃないと思うんですけど、『いつか地球ゴージャスで共演しましょう』と言ってくださって。その時の言葉がこうして叶って、とてもうれしく思います」と今回は岸谷、寺脇の出演はないものの、地球ゴージャス出演への喜びと初日への期待を爆発させていた。

一方、会場の笑いを誘ったのはヤン役の上山竜治。根國の長という役どころだが、「みんなを引っ張っていかなきゃと思って。見た目も強いイメージだったので、引き出しの中から一番小さいTシャツを選んで、ピチピチで…」と話し出した瞬間、大野や美弥をはじめとするキャスト陣は大爆笑。「ピチピチだったでしょ?」という上山の問いに田村芽実は「ピチピチでした!」と大きな声で返事をしていた。そして、「ダンスも歌もダンス…?踊りも(『ダンスも踊りも同じ!』というキャストからの突っ込みもありつつ)殺陣の大ファンだという湖月は、「岸谷さんの新演出のもと出来上がった神秘的な世界観の中でうごめく役者一人一人のエネルギーの炸裂する姿がこの作品の見どころだと思います」とコメント。

さらに「この作品は愛の物語です。見てください、この細亜羅(大野・甲斐)とクラウディア(田村・門山)の身長差カップル! このお二人が繰り広げるまっすぐな愛! 胸キュンポイント満載でございます。そして毘子蔵(廣瀬友祐・小栗)と織愛(美弥)の切ない愛。必見でございます。ヤン(上山・中河内雅貴)は大人の男ですがチラッと見せるお茶目な姿! どうぞお見逃しなく! そして龍の子(平間壮一・新原)のお二人の身体能力を生かした演技、ぜひご注目いただければと思います」と通販番組さながらに見事に作品のアピールポイントをまとめあげ、キャスト陣からは笑いと感嘆の声があがっていた。

最後に岸谷が「この作品は山本寛斎さんと初めて一緒にお仕事をした作品。そして僕にとって演劇の天使・神様となった本田美奈子.さんが最後に演じた作品でもあります。いつも新しい作品をやるときに空を見上げて二人に恥じないようにといつも自分に喝を入れ進んでまいりました。本当にいい作品になっています。ぜひ劇場まで足を運んでください」と思いを語り、取材会を締めくくった。

「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」は、東京・東京建物 Brillia HALLで7月4日(月)~24日(日)まで、大阪・森ノ宮ピロティホールで7月29日(金)~31日(日)まで上演される。

元記事で読む
の記事をもっとみる