1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【男性のホンネ】連絡がないのは冷めたから…?本当の理由3つ

【男性のホンネ】連絡がないのは冷めたから…?本当の理由3つ

  • 2022.7.4
  • 3204 views

彼からの連絡がなくなると、「気持ちが冷めた…?」と不安になりますよね。

実際に、男性が連絡をしてこない時、どんな本音を抱いているのでしょうか?男性が連絡してこない本当の理由を解説していきます。

1. 連絡する必要性を感じていない

男性は合理的な一面を持っています。必要性が感じられないことに対しては、アクションをとりません。

恋愛がスタートした直後は頻繁に連絡していても、付き合いが長くなると、次第に連絡の頻度は下がっていくこともあります。それは、相手への慣れと安心感から、連絡の必要性があまり感じなくなるからです。

飽きたのかと心配に感じることもあるでしょうが、決してあなたに飽きているわけでも、気持ちが冷めたわけでもないのです。

2. 用事がないから連絡しない方が良いと思っている

女性は特別な理由などなくとも、ただ相手と会話するためだけに連絡をとり合うことも多いでしょう。

しかし、男性は自分の行動に理由付けをすることが多いです。むしろ理由がなければ、アクションをとらない方がいいと思っている人もいます。

相手に連絡をしたいと思っても、いつも連絡をとるための用事があるとは限りません。そのため、男性は理由がないときには、なかなか連絡してくれません。

もちろん、あなたに興味がなくなったから連絡をとらないわけではありません。

3. 連絡することを面倒くさがっている

男性には面倒くさがりな人も多いです。なるべくなら、手間のかかる行動は避けたがる傾向があるでしょう。特に仕事が忙しいときや、疲れているときはコミュニケーションがより面倒に感じるようです。

軽く扱われているように感じる人もいるでしょうが、男性の中で相手への気持ちが少なくなったり冷めたりしているわけではないのです。

男性はたとえ連絡するのは面倒に思っていても、相手を思う感情は別です。連絡をたくさんとらなくても、変わらず好きだと思っている男性は多いです。

連絡をくれないときの対処法は?

彼からの連絡がなくて不安になったときは、自分から連絡してみましょう。

例えば、長く連絡がとれていないなら、体調不良を心配して、連絡してみると良いでしょう。彼を問い詰めるような内容は避け、なるべく相手が答えやすい、趣味や遊びの話を振ってみるのがおすすめです。

また、思いきって自分からデートに誘ってみるのもおすすめです。男性としても、女性からデートに誘ってもらえることは嬉しく思います。

連絡がなくても心配しないで!

男性からの連絡が少なくても、それは連絡する必要性や理由が感じられない、あるいは面倒というだけで、深刻な原因があることは多くありません。

しばらく連絡がない時には、気軽な内容でこちらから連絡をとってみましょう。

また、どうしても連絡が少ないことが気になるのなら、ストレートに「もっと連絡をとりたい」という気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。素直な言葉は男性の胸に響きやすく、連絡が増える可能性もあります。

元記事で読む
の記事をもっとみる