1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. iPhoneだけで画像の「HEIC形式」をJPEG形式に変換する方法!「HEIC」で保存しない方法も?

iPhoneだけで画像の「HEIC形式」をJPEG形式に変換する方法!「HEIC」で保存しない方法も?

  • 2022.7.5
  • 5327 views
HEIC形式で撮影してしまった写真を、iPhoneだけでJPEG形式に変換する方法をご紹介します。困ったときの対処法として、覚えておいてください。
HEIC形式で撮影してしまった写真を、iPhoneだけでJPEG形式に変換する方法をご紹介します。困ったときの対処法として、覚えておいてください。

iPhoneで撮影した写真の拡張子が「.heic」になっていて、その後の閲覧や編集がしづらくて困ってしまった、そんな経験はiPhoneユーザーなら一度はあるかと思います。

「.heic」はHEIC(ヘイク)/HEIFファイルの拡張子です。HEIC/HEIFはHigh Efficiency Image File Format形式の略で、最大圧縮率がJPEGの約2倍。つまり同じ画質でもファイルのサイズが約半分程度で済むのです。

しかし問題は互換性。Apple特有のファイルフォーマットのため、アプリで開けなかったり、アップロードできないといったトラブルの原因ともなるのです。

JPEG形式のほうが広く汎用的に扱えるため、日常的に使用するにはJPEGのほうが適しているといえるでしょう。

そこで本記事では、HEIC形式で撮影してしまった写真を、iPhoneでJPEG形式に変換する方法をご紹介します。困ったときの対処法として、覚えておいてください。

ファイルアプリを活用する方法

iPhoneの写真アプリで、変換したい写真を選択。左下の共有アイコンをタップし、「写真をコピー」の項目を選択します。

変換したい写真を選択し、左下の共有アイコンをタップ。「写真をコピー」の項目を選択する
変換したい写真を選択し、左下の共有アイコンをタップ。「写真をコピー」の項目を選択する


写真アプリを一度閉じて、次に「ファイル」アプリを開きます。そして、画面を一番下までスクロールし、最下部の空いているスペースを長押し。表示されたメニューから「ペースト」を選択します。

画面を一番下までスクロールし、空いているスペースを長押し。メニューから「ペースト」を選択
画面を一番下までスクロールし、空いているスペースを長押し。メニューから「ペースト」を選択


すると、先ほどの写真が「JPEG」形式で保存されます。最後に、画像ファイルを開き、共有アイコンから「画像を保存」をタップすれば、写真アプリにJPEG形式で保存されます。

共有アイコンから「画像を保存」をタップすれば、写真アプリにJPEG形式で保存される
共有アイコンから「画像を保存」をタップすれば、写真アプリにJPEG形式で保存される



Webサービス「Convertio」を利用する方法

Webサービス「Convertio」にアクセスします。「ファイルを選ぶ」を選択し、「写真ライブラリ」から変換したい写真を選択します。このときには、複数の写真を同時に選択することが可能です。

「写真ライブラリ」から変換したい写真を選択
「写真ライブラリ」から変換したい写真を選択


各ファイルの変換先が「JPG」になっているのを確認したら、画面下の「変換」をタップ。あとはアップロードと変換が完了するのを待つだけです。

変換が完了すると「ダウンロード」ボタンが表示されますので、これをタップすれば、変換された画像を保存することができます。

「ダウンロード」ボタンが表示されたらタップして変換された画像を保存
「ダウンロード」ボタンが表示されたらタップして変換された画像を保存



「HEIC」で保存されないようにする方法

「HEIC」形式の画像は非常に扱いにくい印象です。なので筆者は、抜本的な解決策として「そもそもHEIC形式で保存されないようにする」という方法をとっています。

写真の保存形式は、iPhoneの設定アプリから簡単に変更ができます。HEIC形式に特別なこだわりがなければ、JPEG形式で保存することをおすすめします。

「設定」アプリを開き、「カメラ」→「フォーマット」と進み、「互換性優先」を選択すれば完了です。

設定アプリで「カメラ」→「フォーマット」と進み、「互換性優先」を選択すれば完了
設定アプリで「カメラ」→「フォーマット」と進み、「互換性優先」を選択すれば完了



文:ばんか(インターネットサービスガイド)

元記事で読む
の記事をもっとみる