1. トップ
  2. グルメ
  3. 夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分

  • 2022.7.4
  • 6811 views

東京・日比谷にある「帝国ホテル 東京」では、2022年7月1日(金)~8月31日(水)まで「Summer Fruity Time」を開催します。夏に旬を迎えるフルーツを中心に、フレッシュな味わいを堪能できるデザートやアフタヌーンティー、カクテルをホテル内のレストラン・バーラウンジで多彩に展開。格式のある上質な空間で、夏らしいメニューを味わうひと時は非日常的な気分になれますよ。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
涼しげな演出付き!旬のフルーツに心ときめくアフタヌーンティー
夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
「Summer Fruits Afternoon Tea」7700円(税込サ別)

本館17階 「インペリアルラウンジ アクア」で提供されるアフタヌーンティー「Summer Fruits Afternoon Tea」は、国産の桃やイチジクなど旬のフルーツで彩ったスイーツ5品をご用意。南国の海を連想させる美しいブルーのジュレなど、浮き立つような夏の気分を鮮やかにとらえたセイボリー6品にも心躍ります。さらに、スタンドとは別にドライアイスの演出を施してサーブされるグラスデザートは、目にも涼しげで夏気分がグッと高まるはず。ウェルカムティーのピーチティーソーダに加え、豊富なドリンクは飲み替え自由で約20種のドリンクセレクションの中から選ぶことができます。セイボリーが充実した内容になっているので、お昼ごはんとお茶を兼ねるか、お昼ごはんを軽めに済ませて利用するのがおすすめです。⁡

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

国産のみずみずしい桃とカスタードクリームのとろけるような一体感が堪能できる「ピーチパイ」。ハーブの一種であるベルべーヌの甘い香りが寄り添うように漂ってうっとり。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

とろっと柔らかな国産イチジクとイチジクのコンフィチュールを重ねた「ガトーフィグ」は、上品な甘味が広がりフレッシュ。ふわっと軽やかなチョコレートケーキを土台に敷き、味わいのバランスがとれています。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

「しそライムタルト」は、⁡しその花をあしらった見た目が可憐。キュンとした酸味が駆け抜けるライムのムースとジュレに、しそが香りよく、余韻までも爽やかです。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

ブリオッシュ生地にレモン風味のグラサージュを施した「ブリオッシュ シトロン」。噛みしめると、バターの芳醇な味わいとレモンの清涼感ある香りがあふれ出すよう。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

パリッとジューシーなソーセージをトルティーヤで巻いた「粗挽きソーセージのグリルにパイナップルのサルサ・ヴェルデ ~トルティーヤのスタイルで~」は、ボリュームたっぷり。ケチャップ、イエローマスタード、バジルの3色のソースが彩ります。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

バタフライピーで色付けた貝の青いジュレが目を引く「燻製ホタテのムースに海の幸...貝のエキスのブルージュレ」。グラスの下層には濃厚な燻製ホタテのムースを入れ、海の幸をとことん堪能できます。

シャンパンと共に優雅な気分になれるイブニングティー
夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
「Summer Fruits Evening Plate」6500円(税サ込)

同フロアで18時〜20時まで提供される「Summer Fruits Evening Plate」は、「Summer Fruits Afternoon Tea」の中から厳選されたスイーツとセイボリー8品にシャンパンが付き、贅沢な時間を過ごせます。日中とは違うムーディーな雰囲気のなか、夜景を眺めて非日常的な気分に浸ってみてはいかが。お仕事終わりの女子会に利用するのもおすすめですよ。

伝統菓子をモダンなミルフィーユへ昇華
夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
「フォレノワール “Classique-Moderne”」3300円(税込サ別、コーヒーまたは紅茶付)

本館1階「ランデブーラウンジ・バー」では、東京料理長・杉本 雄さんが旬のフルーツで贈るデザートシリーズの7作目となる「フォレノワール “Classique-Moderne”(クラシック モデルヌ)」を提供します。チェリーとチョコレートを使った伝統菓子・フォレノワールを、モダンなミルフィーユへ再構築。円柱型にダークチェリーが艶めく見た目は、一般的なミルフィーユのイメージを一新させる独創性が光ります。パイ生地を折り込む回数を減らし、縦方向に重ねて焼き上げることでパリンと割れるような食感に。中には従来の折り込み方で作られたサクサクのパイ、ダークチェリーのコンフィチュール、洋酒を染み込ませたチョコレートのビスキュイ、キルシュが香るクリームを詰め、さまざまな食感や味わいに富んでいます。

2022年7月1日(金)より始まるフランス菓子の祭典「フランス パティスリーウィーク」にも参加している商品なので、一層注目が高まりそうな予感です。帝国ホテルプラザ 東京 1階にあるホテルショップ「ガルガンチュワ」でも7月限定で販売するので、テイクアウトをしてお家でも本格的な味わいをご堪能ください。

暑い日はこだわりのカクテルで乾杯
夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

各レストラン・バーラウンジでは、カクテルメニューも充実しています。本館17階 「インペリアルラウンジ アクア」は、パッションフルーツやドラゴンフルーツなど夏のフルーツを取り入れたバーテンダー特製オリジナルモヒート4種をラインアップ。
本館中2階「オールドインペリアルバー」では、バーテンダーによる季節の創作カクテルを月替りで提供。テキーラをベースにライチを合わせた7月限定の「月下美人~A Queen of the Night~」、ダークラムや紅茶リキュールに巨峰を合わせた8月限定の「Via Luna~月の通り道~」と、オリジナリティあふれる作品は毎月通うのが楽しみに。

夏のフルーツが彩る「帝国ホテル 東京」のアフタヌーンティーやカクテルで贅沢気分
ことりっぷ

本館1階「ランデブーラウンジ・バー」で提供する「シャンパンカクテル with シャインマスカット」は、海を連想させる鮮やかなブルーとグリーンの色合いがリゾート気分に。フローズンにしたラムやマスカットリキュールに、シャンパンを注いで仕上げたフルーティーな味わいです。この時期にしか出合えない夏のカクテルで乾いた喉を潤して。

旬のフルーツ満載の品々をいただけば、暑さも忘れて涼やかなひと時を過ごせそうですね。予約方法など詳細は公式サイトをご確認ください。

元記事で読む
の記事をもっとみる