1. トップ
  2. 『石子と羽男』で新井P&塚原監督が“リーガルエンターテイメント”に初挑戦「かっこいいだけじゃない中村(倫也)さんを見たい」作品誕生の経緯を明かす<インタビュー前編>

『石子と羽男』で新井P&塚原監督が“リーガルエンターテイメント”に初挑戦「かっこいいだけじゃない中村(倫也)さんを見たい」作品誕生の経緯を明かす<インタビュー前編>

  • 2022.7.4
  • 65 views
7月期金曜ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」でW主演を務める(左から)中村倫也、有村架純 (C)TBS
7月期金曜ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」でW主演を務める(左から)中村倫也、有村架純 (C)TBS

【写真】ド派手な“花柄シャツ”を身にまとう中村倫也“羽男”

有村架純と中村倫也がW主演を務める金曜ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」(毎週金曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09、TBS系)の第1話が7月8日(金)に放送される。このたび、同作のプロデューサー・新井順子氏と監督の塚原あゆ子氏にインタビューを行い、前・後編に分けて紹介。前編では、作品誕生の経緯や、メインキャスト陣の起用理由などについてたっぷりと語ってもらった。

同作は、金曜ドラマ「アンナチュラル」(2018年)や「MIU404」(2020年)、「最愛」(2021年、3作品全てTBS系)を生み出してきたプロデューサー・新井氏と演出・塚原氏、そして二人とは初タッグとなる脚本家の西田征史氏が手掛ける完全オリジナルドラマ。

4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・“石子”こと石田硝子(有村)と1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・“羽男“こと羽根岡佳男(中村)コンビが誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む“リーガル・エンターテインメント”だ。

また、カフェで充電をしていたら訴えられてしまう“石羽コンビ”初の依頼人・大庭蒼生役で赤楚衛二、「そば処 塩崎」で働く塩崎啓介役でおいでやす小田、潮法律事務所の所長で、石子の父・潮綿郎役でさだまさしも出演している。

(左から)中村倫也、有村架純 (C)TBS
(左から)中村倫也、有村架純 (C)TBS

作りたかったのは「身近な事件を取り扱った“リーガル作品”」

――「石子と羽男―」誕生の経緯を教えてください。

新井順子プロデューサー(以下、新井P):重いテーマの作品をやっていた時に、どこか身近で、キャラクターが面白い法律ものの作品をやりたいなと思ったことがきっかけです。

実はこの企画、ずっと温めていた企画で。いつやるのが良いか探っていたんです。企画書を作っている時に、有村さんが石子みたいな頭でっかちなキャラクターを演じてもらったら面白いかなと考えていました。

弁護士ものの作品では大きな事件を取り扱うものが多い中、すごく身近な事件を取り扱ったどうなるかなと思い、今回の企画が生まれました。

――たしかに第1話で登場する“充電をしていたら訴えられる”というのはすごく身近な題材ですよね。

新井P:アメリカには、訴訟文化があるじゃないですか。その日本版のような本を読んだときに「面白いな」と思い、こういう小さい事件から物語が大きくことが動いていく展開したいなと。

――塚原さんは新井さんから弁護士ものをやると聞いた時の印象はいかがでしたか?

塚原あゆ子監督(以下、塚原監督):私、実は弁護士ものは結構やったことがあって。直近だと日曜劇場「グッドワイフ」(2019年、TBS系)という作品でもやっていました。だからこそ(弁護士ものが)難しいものだと知っていたので、法廷ものをやるなら弁護士の言葉に対して逃げずに向き合うという覚悟を持ってやらないとなと。

実際今まさに彼らの言葉に苦労していて。弁護士のリアルを追い求めると、だいたいせりふが難しいんですよ。(そのまま使ってしまうと)視聴者の方からすると「何を言っているの?」となってしまうので、難しいなと思いながら撮影しています。

――コミカルな作品を作るにあたって意識したことはありますか?

塚原監督:今ちょうど第1話の編集を行っているのですが、実際編集すると残念ながらそんなに才能がある人間ではないので、あんまりえらそうに「コメディー頑張ってます」とか言えないなと(笑)。

新井P:今までやったコメディーって「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016年、TBS系)以外にありましたっけ…?

塚原監督:うーん…。たしかにコミカルはあってもコメディーはないのかな。深夜枠だと携わったこともあるのですが、カット割りを要求されるような“ドコメディー”はないかもしれません。やっぱりコメディーという分野はすごく難しいので。限られた才能のある人たちだけがやっていい分野だと私は思っているので。コミカル止まりですかね…。

新井P:コミカルな作品だから“特別こうしよう!”みたいなことはないです。もちろん作品ごとに色が変わるというのはありますけどね。

東大卒のパラリーガル・石子を演じる有村架純 (C)TBS
東大卒のパラリーガル・石子を演じる有村架純 (C)TBS

さだの起用きっかけは「『生さだ』を見て」

――有村さんの起用理由を教えてください。

新井P:有村さんは「中学聖日記」(2018年、TBS系)でご一緒して、(塚原さんは)映画(※「コーヒーが冷めないうちに」2018年)でも一緒にやっていて。そんな中で、コミカルな架純ちゃんを見たいなと思ったんです。

――では、中村さんはいかがでしょうか?

新井P:中村さんは、ここ最近TBSだと「この恋あたためますか」(2020年、TBS系)などに出演されていましたが、かっこいい役の印象があって。

私、「メグたんって魔法つかえるの?」(2012年、日本テレビ系)に出演していたときの中村さんが好きで。あの時みたいなコミカルな役でご一緒したいと思ったんです。かっこいいだけじゃない中村さんを見たいなと思ったんです。

――さださんの出演も話題になりました。

新井P:いろんな人に「なんでさださんキャスティングしたの?」ってすごく聞かれます(笑)。「さださんをキャスティングする発想がすごい」って。

――そんな中、なぜさださんを起用されたのでしょうか?

新井P:意外性のある方にしたかったんです。もちろん、さださんの年齢に近いベテラン俳優さんはたくさんいらっしゃるんですけど。遊び心をどう出そうかなと考え、お芝居もやるんだけど多方面でも才能がある人がいいかなと思い、さださんにお願いしました。

さださん、お芝居もしている印象があったのですが、まさか連ドラが初だとは知らず。ご本人にお会いした時の第一声は「なんで俺?」でしたけど(笑)。キャスティングするにあたって、私はそんなに違和感がなかったんです。

当初は「(芝居が)できないよ」とおっしゃっていたんですけど、すごく自然で。思わず「芝居なのか? 素なのか?」と疑うレベルです。小田さんとの掛け合いがあるんですが、お二人ともアドリブに長けていて。

「生さだ」(※NHK総合で放送しているバラエティー番組「今夜も生でさだまさし」の略称) を見ていたときに「これはお芝居もお上手なんだろうな」と感じたんです。

本人の良さが光るという点で「大庭はぴったり」

――キーマンの大庭を演じる赤楚さんのキャスティング理由を教えてください。

新井P:赤楚さんはキャスト発表の際にもコメントに書いたのですが、「チェリまほ」(※「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の通称)を拝見していて。そしたらマネージャーさんが写真集を持ってきて、その後本人が局内に来ていて偶然会お会いして、という感じです。

赤楚さんって、新入社員のような初々しい役や、かわいらしい役が多いなと思って。でもご本人にお会いしたら、硬派だなという印象を受けました。本人の良さを出すには、大庭はぴったりだなと思っています。

――最後に、おいでやす小田さんはいかがでしょうか?

新井P:実は、「最愛」の時に塚原さんが「おいでやす小田さんにつっこまれたい」という謎発言をしていて(笑)。

塚原監督:番組でやってたんですよ。むちゃぶりに対してツッコミ続けるっていう企画で。

新井P:なので、「最愛」に対して「なんで記憶なくなんねん!」「弟って分からないなんてあるかー!」ってつっこまれるというのもありかなと思ったんですが、却下されてしまって(笑)。「そんな番宣ないでしょ」って。二人で飲んでいるときにただ小田さんが好きという話をしていたところから始まりました。

元記事で読む
の記事をもっとみる