1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「離婚したら結婚してくれる?」私が臨月くらいから夫が“元カノと毎日LINE”をしていたことが発覚…!

「離婚したら結婚してくれる?」私が臨月くらいから夫が“元カノと毎日LINE”をしていたことが発覚…!

  • 2022.7.4
  • 44712 views

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

わがままな友人

高校時代の同級生が結婚することになったとき、結婚式に参加する同級生5人でグループLINEを作りました。 主に結婚式の余興について話しましたが、式が終わったら結婚した子も参加し、6人のグループLINEに発展。 その後もちょっとした世間話や飲み会の提案、ときには深刻な話もして交流を深めていました。 しかしその中の1人が、全員が自分の相談に答えてくれないことや反応をくれないということで、SNSで愚痴を言うようになりました。 ただ、その時間帯は大体仕事中で、返信ができる人たちだけで盛り上がり、返信ができない人は後から反応したり、もう話が終わってる場合はいいかと思って特に触れなかったりしていました。 そういうことはあるあるで特に気にしないものだと思っていたので、仕事中でも相談されたらすぐに返信しろってこと?と思うと呆れてしまい、関わりたくないなと思うようになりました。

lamire
出典:lamire

するとしばらくしてその人が「このグループLINEで無視されるのが嫌だから退会する」と一方的に発言して退会していきました。 そこで謝ってなだめてしまうと、今後もしんどかったと思うので、退会してくれて良かったです。 (女性/専業主婦)

見知らぬ女性のトーク欄

子どもが2人いるのですが、下の子が生後半年くらいになったころの話です。 たまたま自分の携帯の電源が切れてしまって、夫の携帯を借りて妹にLINEを送った際、ほかのトーク欄がチラッと見えてしまい…。 そこに見知らぬ女性の名前がありました。 そこから2週間くらいモヤモヤしていたのですが、思い切って夫に問いただしたところ、元恋人とLINEをやり取りしていたことが発覚しました。

lamire
出典:lamire

それも私が臨月くらいのときからほとんど毎日LINE…。 内容も「やっぱりあなたと結婚すればよかった」や「離婚したら結婚してくれる?」と言ったものが多く、とても嫌な思いをしました。 唯一の救いは夫がそれに応じていなかったことと実際に会ってはいなかったことで、それがなければ離婚していたかもしれません。 (女性/パート)


いかがでしたか? 誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。 宛先確認はしっかりしましょうね。 以上、LINEトラブルエピソードでした。 次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪ ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。 LINEのやりとりの画像に関しては、エピソードをもとに編集部で作成したものになります。

元記事で読む
の記事をもっとみる