1. トップ
  2. 「ピース オブ ケイク」「溺れるナイフ」に通じる要素も…ジョージ朝倉の作家性でひも解く「ダンス・ダンス・ダンスール」の魅力

「ピース オブ ケイク」「溺れるナイフ」に通じる要素も…ジョージ朝倉の作家性でひも解く「ダンス・ダンス・ダンスール」の魅力

  • 2022.7.3
  • 94 views

2015年9月から「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載がスタートした、ジョージ朝倉による青春バレエロマン「ダンス・ダンス・ダンスール」。「呪術廻戦」などのMAPPA制作によるテレビアニメが、2022年4~6月にかけて全11話で放送され、ディズニープラスでも国内独占配信中(Blu-rayのVol.1が8月31日(水)に発売予定)だ。その熱く激しくドラマチックな展開が、バレエファンはもちろんのこと、これまでバレエにまったく興味がなかった層も夢中にさせ、大反響を呼んでいる。本稿では、唯一無二の個性を持つ漫画家、ジョージ朝倉の作家性にひもづけて、本作の魅力を紹介したい。

【写真を見る】幼いころの潤平がクラシックバレエを見て目を輝かせるなど、ジョージ朝倉作品ではおなじみの初期衝動や高揚感を表現するシーンも

幼少期にバレエに魅了され、姉と同じ教室でバレエを習おうと決めた矢先に、父が死んでしまった少年、村尾潤平(声:山下大輝)。中学2年生になった彼は、アクション監督だった父のように“男らしく”あろうと、バレエへの想いを封印して、格闘技のジークンドーに打ち込んでいた。そんなある日、転校生の五代都(声:本渡楓)に誘われた潤平は、彼女の母、千鶴が経営するバレエスクールに足を運ぶ。はじめのうちは、周囲に隠れて踊っていた潤平だったが、都のいとこであり、天才的なバレエの才能のある森流鶯(声:内山昴輝)と出会ったことで、本気でバレエに取り組むことを決意する。

「ダンス・ダンス・ダンスール」はディズニープラスのスターで見放題独占配信中 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
「ダンス・ダンス・ダンスール」はディズニープラスのスターで見放題独占配信中 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

王道の青春ストーリーながら、ジョージ朝倉独自の作家性にもあふれた「ダンス・ダンス・ダンスール」

1995年に「別冊フレンド」に掲載された短編「パンキー・ケーキ・ジャンキー」で漫画家デビューして以来、パッションがほとばしる絵と中毒性のあるストーリーで、熱狂的なファンを獲得してきたジョージ朝倉。2004年に映画化、2005年に第29回講談社漫画賞少女部門を受賞、2014年にテレビドラマ化もされたオムニバス作品「恋文日和」に、2008年に映画化された異色のラブコメディ「平凡ポンチ」、田口トモロヲ監督、多部未華子と綾野剛主演で映画化された「ピース オブ ケイク」、小松菜奈&菅田将暉主演で映画化された「溺れるナイフ」など、これまでに4作品が実写映像化されている。「ダンス・ダンス・ダンスール」はジョージ朝倉にとって、初のアニメ化作品だ。

ジョージ朝倉があまり描いてこなかった男の子が主人公のバレエ漫画「ダンス・ダンス・ダンスール」(第1巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:693円(税込み) 小学館刊
ジョージ朝倉があまり描いてこなかった男の子が主人公のバレエ漫画「ダンス・ダンス・ダンスール」(第1巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:693円(税込み) 小学館刊

バレエ未経験のジョージ朝倉が、クラシックバレエを題材にした本作を描こうと思ったきっかけは、自身の娘が幼いころに通い始めたバレエ教室で、男の子に出会ったことだという。この子がこのままバレエを続けていったら、思春期をどう乗り越えていくのだろう?そんな思いから、それまであまり描かれていなかった男の子が主人公のバレエ漫画が誕生した。

亡き父の想いを継ぎ、“男らしく”あるために格闘技のジークンドーに打ち込む中学2年生の潤平 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
亡き父の想いを継ぎ、“男らしく”あるために格闘技のジークンドーに打ち込む中学2年生の潤平 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

「ダンス・ダンス・ダンスール」は、プロになるためには遅くとも10歳までにはレッスンを始める必要があると言われるバレエを、中2の13歳から習い始めた潤平が、バレエ大国であるロシア最高峰のカンパニー、ダンスール・ノーブル(王子を踊る資格のあるダンサー)を目指しながら成長していく青春ストーリー。少女マンガ誌から青年誌まで、様々なジャンル、年齢層に向けて作品を発表し、どちらかというと、尖った感覚で多くのクリエイターたちをも魅了してきたジョージ朝倉にとって、新境地ともいえるザ・王道エンタテインメントである。スポ根、恋愛、友情、青春といった要素が入った王道バレエ漫画と聞くと、これまでのジョージ朝倉作品とはちょっと違うように感じるかもしれないが、やはりそこには、ジョージ朝倉ならではの独自の作家性が詰まっている。

潤平の通う中学校に転校してきた都 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
潤平の通う中学校に転校してきた都 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

センシティブでピュアな10代の少年少女の危うさ

まず、ジョージ朝倉ワールドのキーワードとなるのが“思春期”である。デビュー後しばらくはおもな掲載誌が少女マンガ誌だったこともあり、基本的に登場人物たちの多くは高校生。また、地方で暮らす中学生たちのセックスも含んだ生々しい恋愛模様を描く「ハートを打ちのめせ!」や、映画版と違って、小6の12歳から物語が始まる「溺れるナイフ」など、メインキャラが小中学生の話もめずらしくない。

破裂しそうな十代の恋と感情のせめぎ合いを描く「溺れるナイフ」(第1巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:472円(税込み) 講談社刊
破裂しそうな十代の恋と感情のせめぎ合いを描く「溺れるナイフ」(第1巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:472円(税込み) 講談社刊

「ダンス・ダンス・ダンスール」でも、潤平、流鶯、都のメインキャラ3人は中2。彼らが“生川はるかバレエ学校ボーイズサマースクール”で出会う田倉大和(声:西山宏太朗)や安田海咲(声:天﨑滉平)は中3。潤平の心を痺れさせた少女、生川夏姫(声:福圓美里)は小6という設定。それぞれすでに目標を掲げ、バレエに人生を捧げている彼らには、普通の同年代と比べて大人っぽい面もある。だが、そんな彼らがある種の傲慢さ、無自覚さ、渇望感、焦燥感、自尊心、恥じらい…といったコントロール不能な感情に振り回されてしまう痛々しい姿は、まさに思春期そのものだ。ジョージ朝倉はセンシティブでピュアな10代の少年少女の危うさを描くのがとても巧い。

センシティブでピュアな10代の少年少女の危うさも描かれる(「ダンス・ダンス・ダンスール」第2巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:693円(税込み) 小学館刊
センシティブでピュアな10代の少年少女の危うさも描かれる(「ダンス・ダンス・ダンスール」第2巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:693円(税込み) 小学館刊

“キラキラしたもの”への希求心と感性の鋭さ

理屈や言葉では表現しきれない“キラキラしたもの”への希求心を強く抱いていることも、ジョージ朝倉作品のキャラクターたちの特徴だ。潤平は幼少期に、ある男性プロダンサーの踊りを目にした瞬間、「ビリビリ、ビカビカ、ドッカーン」と瞳に星が散り、バレエの虜になってしまう。心に衝撃が走った時に、なにかがスパークし、発光して見えるという描写は、ジョージ朝倉作品では恋愛の初期衝動や高揚感を表現するシーンでもおなじみだ。星がビリビリ、バチバチと爆ぜる感覚こそが、その後の潤平を突き動かす原動力となっていく。

【写真を見る】幼いころの潤平がクラシックバレエを見て目を輝かせるなど、ジョージ朝倉作品ではおなじみの初期衝動や高揚感を表現するシーンも [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
【写真を見る】幼いころの潤平がクラシックバレエを見て目を輝かせるなど、ジョージ朝倉作品ではおなじみの初期衝動や高揚感を表現するシーンも [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

こうした感性の鋭さからもわかるように、ジョージ朝倉作品の主人公たちは、たいてい直感型、かつ直情型のキャラクターである。とにかくパワフルで、自分の心に素直に行動する。普通の人なら躊躇するような場面でも、がむしゃらに突っ込んでいき、困難なことが起こっても、決してくじけることなく、前に進んでいく。恋愛では一目惚れのパターンが多い。もちろん繊細な面も持ち合わせているが、常に“好き”という自分の感情のほうが勝る。

魅力的だけど、全面的には共感できない登場人物たち

社会的な生き物である人間は、なかなか自分の思うようには生きられないため、こういう生命力の強いキャラクターに憧れてしまう。とはいえ、実際にこんな人物が身近にいたら、周囲は振り回されて大変なのも事実。その点を決してごまかさないジョージ朝倉は、本作でも、潤平をいわゆる優等生的なヒーローとしては描かない。悪気なく、その瞬間、瞬間の自分の感情のままに行動する潤平のせいで、よくも悪くも影響を受ける人たちの苦悩をしっかりと描いている。漫画の主人公といえば、読者が共感し、好きにならずにはいられないキャラクターとして描かれることが多いなか、ジョージ朝倉作品の主人公の場合、魅力的だが、必ずしも全面的に共感できるわけではない、という部分をあえて残す描写がリアルだ。

努力ではどうにもならない、才能の残酷さもこれでもかと見せつける(「ダンス・ダンス・ダンスール」第3巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:693円(税込み) 小学館刊
努力ではどうにもならない、才能の残酷さもこれでもかと見せつける(「ダンス・ダンス・ダンスール」第3巻) 著/ジョージ朝倉 発売中 価格:693円(税込み) 小学館刊

人間は多面体であるという視点は、主人公を取り巻くキャラクーたちにも生きている。潤平のことを「小さい野猿」と言い放ち、潤平が恋する都との間に立ちはだかる天才バレエ少年の流鶯も、彼ら3人の恋心を利用して、心理的な揺さぶりを仕掛ける海咲も、普通の漫画なら主人公のライバルとして憎まれ役にあたるはずだが、どうしてもそんなふうには思えない。彼らの言動にはすべて彼らなりの様々な理由があり、彼らを否定するような描き方はしない、というのが作者としてのジョージ朝倉のスタンスなのである。

友人の浜太らに対して、バレエを始めたことを隠そうとする潤平 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
友人の浜太らに対して、バレエを始めたことを隠そうとする潤平 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

複雑なバックグランドと努力では埋められない才能の残酷さ

そして、主人公の運命に大きく影響する少年少女のキャラクターが、壮絶な生い立ちを背負っているということも、ジョージ朝倉作品にしばしば見られる特徴の一つ。「ピース オブ ケイク」の主人公、志乃が恋する京志郎の元カノであるあかりや、「溺れるナイフ」の主人公、夏芽が一目惚れする少年コウは、どちらも複雑な家庭環境で育ち、ミステリアスで独特の色香がある美しい人物として登場する。彼らが受けた心の傷は深いが、あかりの小説を書く才能も、コウのカリスマ性も、その生まれ育った環境と強く結びついているのが印象的だ。

とりわけ「ダンス・ダンス・ダンスール」で描かれるクラシックバレエの才能は、身長や体型など、生まれ持った資質に大いに左右されるため、“血筋”がより重い意味を持つ。ロシア至上主義で、日本のバレエを全否定していた祖母に、苛烈なバレエの英才教育を10年以上受け続けて育った流鶯は、自分にかけられた呪いと引き換えに、圧倒的なバレエの才能を手に入れた。血のつながりという意味では、流鶯のいとこである都も、祖母の娘である千鶴も、同じ血族の業を背負っていると言える。

バレエや才能に対して複雑な想いも抱える都 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
バレエや才能に対して複雑な想いも抱える都 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

幼いころに父を亡くした悲しみこそあれ、家庭環境には恵まれていて、流鶯にも無邪気に「うらやましい」と言ってしまう潤平もまた、血筋の恩恵を受けている人物だ。身体能力、スタイル、勘の良さ、センスといった彼の優れた資質は、明らかに映画のアクション監督として活躍していた父の遺伝によるものだろう。「ダンス・ダンス・ダンスール」は、努力ではどうにもならないもの、才能の残酷さをこれでもかと見せつける作品でもある。

都のいとこで、高いバレエの技術を持ちながら、自室に引きこもっている流鶯 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
都のいとこで、高いバレエの技術を持ちながら、自室に引きこもっている流鶯 [c]ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会

累計発行部数が230万部を突破している原作コミックスは現在23巻まで刊行され、24巻が8月下旬に発売予定とのこと。今回のアニメ化はそのうちの5巻までで、潤平にとって中2の春から夏休みの時期を描いた物語となる。“日本が生んだ世界のバレエ団”として国内外で高く評価されている東京バレエ団のトップダンサーたちによるアクションを映像化した美しいビジュアル表現など、見どころもたくさん。夢に向かって突き進む少年少女たちの不器用な奮闘はまだ始まったばかりなので、これからの彼らの挑戦と成長をワクワクしながら見守りたい。

文/石塚圭子

元記事で読む
の記事をもっとみる