1. トップ
  2. グルメ
  3. 忘れられない体験。いろいろな“桃色”に心ときめくアフタヌーンティー

忘れられない体験。いろいろな“桃色”に心ときめくアフタヌーンティー

  • 2022.7.2
  • 6716 views

さまざまなアフタヌーンティーが登場しているなか、テーブルウェアとのコラボがニューウェーブ!? ジュエリーボックスのようなきらめきを感じながら、ファビュラスなひとときを過ごせそう。

愛くるしいピンクのメニューがフォトジェニック【コンラッド東京】

スタンダードアフタヌーンティー 平日¥6,500、土・日、祝日およびお盆期間の8月11日(木・祝)~8月15日(月)¥6,800、コンラッド・ベア付き・スタンダードアフタヌーンティー¥7,800(すべてサービス料込)

コンラッド東京のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」では、2022年7月1日(金)から8月31日(水)まで、「グラマラス・ピーチ・アフタヌーンティー with ウェッジウッド」を開催。英国王室御用達ブランド「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」とコラボしたアフタヌーンティーで、これから旬を迎えるピーチを主役にした、ピンクカラーで彩られたスイーツとセイボリーがラインナップ。

ウェッジウッドのテーブルウェアは、あたたかみのある優しい乳白色のファイン ボーン チャイナにハニカム(ハチの巣)柄のエンボス模様が美しい、「ジオ」コレクション。シンプルでモダンなデザイン、かつ洗練されたシェイプで、ピンクのスイーツとのコントラストが美しく、食べる前からハッピーな気分に。ちなみにハチの巣は幸運の象徴だそう。

白桃と豆乳のサンドウィッチ

5種のスイーツは、どれもピーチの上品な甘さを引き立たせる演出が。「ココナッツとアールグレイのパンナコッタ バラのゼリー 桃のコンポート」には、ウエッジウッド ティーのシグニチャー ティー アールグレイをミルクティーにして使用。バラのゼリーが香り高く、レモンでマリネしたフレッシュピーチのコンポートが爽やか。

「ペッシュ・ド・ヴィーヌのジュレ バニラムース」にはフランスの赤い実の桃を使用。酸味を少し感じるジュレが味のアクセントに。おすすめは「白桃と豆乳のサンドウィッチ」。豆乳クリームが甘さ控えめでふわっと軽く、白桃の優しい風味と相性ばっちり。エレガントさを感じる一品。

白桃とチキンムースのタルト

セイボリーは3種。「桃のスープ オマール海老のコンソメゼリー」は、オマール海老のコンソメゼリーと白桃のスープの組み合わせる大胆さとは裏腹に繊細な味わい。食べるまではスイーツと勘違いするほどに可憐な「白桃とチキンムースのタルト」。チキンムースのやわらかな食感と白桃のコンポートが絶妙なハーモニー。

スコーンはプレーンとココナッツの2種類が定番のクロテッドクリームと、酸味が爽やかな桃とグアバのジャムとともに。ココナッツスコーンはそれだけでも存在感のある味わい。ほど良い大きさなのが嬉しい。

ドリンクは、ウェッジウッドの紅茶を含む約20種類から好きなものを好きなだけオーダー可能。

ピンクで彩られたこちらのアフタヌーンティーは、すべてピーチを使いながらも、違うフレーバー、微妙にニュアンスの違うピンクの色合いが見ても食べても楽しい。ピーチのみずみずしさを最大限に引き出している極上のアフタヌーンティーをぜひ試してみて。

コンラッド・ベア付き・デラックスアフタヌーンティー¥10,500(サービス料込)

スタンダードアフタヌーンティーのほか、ガラス製の階段式プレートで提供される「デラックスアフタヌーンティー」も。グラスシャンパーニュ1杯付き。「コンラッド東京」のオリジナルテディベア「コンラッド・ベア」も手に入る!

コンラッド東京 28階 バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」
東京都港区東新橋1-9-1
03-6388-8745
https://conrad-tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/afternoon_tea/twentyeight-2207

TEXT=YUKI YONEI

元記事で読む
の記事をもっとみる