1. トップ
  2. TOMORROW X TOGETHERの初ワールドツアーがついに始まる!日本のMOAも“必見”注目ポイント3選

TOMORROW X TOGETHERの初ワールドツアーがついに始まる!日本のMOAも“必見”注目ポイント3選

  • 2022.7.1
  • 98 views

5人組ボーイズグループTOMORROW X TOGETHER(以下、TXT)の初ワールドツアー「TOMORROW X TOGETHER WORLD TOUR<ACT:LOVESICK>」(以下、ACT:LOVESICK)の幕開けが明日に迫っている。

TXTは7月2日から3日までの2日間にかけて、韓国のソウル松坡(ソンパ)区にある蚕室(チャムシル)室内体育館で、「ACT:LOVESICK」の華麗な幕を上げる。

世界各地を飛び回るTXT

TXTがデビュー2年7カ月目にして初開催するワールドツアー「ACT:LOVESICK」は、世界14都市で計20公演が行われる。

7月2~3日のソウル公演に続き、7日にアメリカ・シカゴ、9日にニューヨーク、12日にアトランタ、14日にダラス、17日にヒューストン、21日にサンフランシスコ、23~24日にロサンゼルスと、米7都市で公演を実施。

以後、9月に日本の大阪(おおきにアリーナ舞洲)と千葉(幕張イベントホール)、10月にはジャカルタ、マニラ、台北、バンコクのアジア4都市でコンサートを開催する。この間には、8月に東京と大阪で開催される日本最大級の都市型ロック・フェスティバル「SUMMER SONIC2022」にも出演する。

ソウル及び米7都市の公演は、チケットの予約販売開始と同時に全席完売を記録した。全世界のMOA(TXTのファンネーム)の熱い反応を受け、TXTは当初一日のみの開催だったロサンゼルス公演を2日間に拡大した。

TXT念願の“対面コンサート”

TXTはデビュー後初のオフライン単独コンサートとなるだけに、MOAとともに大切な時間を過ごす予定だ。

グローバルファンダムプラットフォーム「Weverse」を通じて、MOAとコミュニケーションを図るキャラクター「プルバス」は、ソウル公演のために準備しなければならないTODOリストを公開し、コンサートへの期待感を高めた。

プルバスは「すべての歌の応援方法を熟知して、練習しよう」とし、TXTの全18曲の応援方法を掲載したほか、「思う存分応援して歓声を上げられるコンサートの日のために、喉を大切にしておこう」「MOAボンで会場を一色に染めよう」など、多彩なコメントでMOAの積極的な参加を促した。

TXTは昨年10月、初の単独コンサート「TOMORROW X TOGETHER LIVE<ACT:BOY>」をオンラインで開催し、全世界126の国と地域のファンとともにした。

当時、光り輝くMOAボンでいっぱいになった会場でパフォーマンスを披露したTXTのメンバー5人は、「物理的には一緒にできないが、心はいつも一緒」とし、「次は直接会って、僕たちの歌声が広がり、MOAの皆さんの声援が会場を埋め尽くしてほしい」と願いを伝えた。

そんな思いが叶うことになった初のオフラインコンサートなだけに、TXTは情熱的なステージを披露して、これまで会えずにいたファンの物足りなさを解消してくれるものと期待している。

初公開ステージも。“MOAのために”組まれたセットリスト

「ACT:LOVESICK」では、各アルバムのタイトル曲と収録曲を躍動感あふれるライブとパフォーマンスで披露し、世界中のファンを魅了させる予定だ。

TXTは今回のワールドツアーで「The Dream Chapter」、「The Chaos Chapter」、そしてシリーズを連結する2つの「minisode」を組み合わせた構成を披露する。

彼らは編曲と新しいステージ構成を通じて、従来は見られなかった新しいパフォーマンスを見せつける。

特に、TXTは今年5月にリリースした4thミニアルバム『minisode 2:Thursday's Child』の収録曲を含め、デビュー後初披露となるパフォーマンスのサプライズ公開も行う予定だ。

TXTがソウルで開催する「ACT:LOVESICK」は、7月2日18時スタート、3日17時スタートの2日間で行われる。オフライン公演のほか、オンラインでのライブストリーミングも並行して行われる。

元記事で読む
の記事をもっとみる