1. トップ
  2. 中島裕翔、ドラマ「純愛ディソナンス」で新境地「”好青年のイメージ”を変えていく」<インタビュー>

中島裕翔、ドラマ「純愛ディソナンス」で新境地「”好青年のイメージ”を変えていく」<インタビュー>

  • 2022.7.1
  • 118 views

中島裕翔が初の教師役を演じるドラマ「純愛ディソナンス」(7月14日(木)スタート、毎週木曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09、フジテレビ系)。演じるのは、高校の新任音楽教師・新田正樹。自身が副担任を務めるクラスの生徒・和泉冴(吉川愛)と出会い、2人の純愛=禁断の関係が描かれていく。

【写真を見る】中島裕翔主演「純愛ディソナンス」

「2つの時系列で進んでいく今作は、とある高校(第1部)と、その5年後(第2部)が舞台。撮影はもう第2部に入っていて、一線は越えることなく決別した2人の関係が動きだしています。高校での正樹はメガネ姿で“ザ・先生”な感じで振り切っていたけど、今は妻がいる。環境もビジュアルも違うので違いが出せて楽しいです。第1部をしっかり描いたことで、そのギャップが5年後にすごく響くなっていうのも思いますね」

ーー両親が共に教育者という厳格な家庭で育ち、兄と常に比較されたことで強いコンプレックスを持つ正樹。表向きは生徒に理解のある好青年だが、実は打算的な一面も。

「劇中のモノローグに正樹の本性が一番出てるなって。彼の闇の部分は、僕も楽しんでるところがあるかも。モノローグのセリフは、大体は声だけが挿入されるけど、今回は普通にしゃべってる画を別で撮ってそれを差し込むんです。これは監督のこだわり。斬新な演出だと思うし、正樹の表裏がはっきり見られることになります」

ーー中島のパブリックイメージといえば、爽やかで真っすぐな好青年。特に第2部は、それを自ら覆していくことになりそうだ。

「5年後の正樹はだいぶあくどいこともやって、その中で生きていかなきゃいけない。そこはもう、今言っていただいた”好青年のイメージ”を変えていくしかないかなと。これまで演じてきた役と真逆なので、自分的にはそうした部分を“つぶしていく”感覚。新たな挑戦が楽しいし、その反応も面白い。現場で『怖っ』とか『(今までと)全然違う』って声が周りから漏れるとニヤリとしますね」

ーーちなみに第1部では、ピアノを弾くシーンでも新境地を見せる。

「全くの未経験。本当にゼロから練習して、芝居中はちゃんと弾いています。意識したのは、そこまで情緒を持って弾き過ぎないこと。(ピアニストのように弾くしぐさで)あまりにもこうなっちゃうと、見られることを意識してるパフォーマーになっちゃうので。本番は、毎回めちゃくちゃ緊張して手が震えました(笑)。リハだとリラックスして弾けるんですけど」

ーーせっかく習得したピアノ。今後もプライベートで続けていく?

「『もったいないから続けた方がいい』って、先生にも言われました。ピアノは音に感情を乗せる方法がすごく勉強になったなって。ドラムも抑揚をつけてたたくことがあるけど、ピアノの方が、より繊細。先生が教えてくれた言葉の一つ一つが自分にはあまりない感覚で楽しかったので、時間が許せば続けたいですね。今は練習動画もたくさんあって便利ですし」

ーー富田靖子、光石研、佐藤隆太ら実力派俳優の参加でも話題の本作。HiHi Jets・髙橋優斗は第1部では高校の生徒役で出演。

「下の名前が同じだから、どこか気恥ずかしくてまだ名前で呼べていません(笑)。話すときは『ねぇ』とか。しかも、それを言った僕のインタビューを彼が読んだみたいで『ちょっと裕翔くん、やめましょうよ。名前で呼んでくださいよ』って言ってきたんです。ヤベぇ、バレてる…って(笑)。『じゃあ髙橋くんでいい?』って聞いたらそれはダメらしくて、彼がファンに呼ばれているらしい“ゆうぴぃ”を推されました。でもそれも恥ずかしい。だから今、髙橋優斗くんってフルネームで呼んでます(笑)。合間は普通にしゃべってて、髙橋優斗くんは少しワルっぽくカッコつけようとするしゃべり方がかわいい。まぁ、そういう時期ってあるよねって。いずれご飯に行って、もっと距離を縮めたいです」

ーーグループ活動に関しては、Hey! Say! JUMPがこの秋で15周年。ドラマのタイトルにちなんで、JUMPの"ディソナンス(不協和音)"を聞くと…。

「パッと思い出すのは、10年前の『JOHNNYS' World』。3カ月間の上演で、楽屋も一緒だったから、まぁ、ギスギスした空気になることも(笑)。若かったし、それはみんなお互いに感じてたと思う。"これ片付けないんだ"とか(笑)。時間が解決したけど。個人的にディソナンスがあったのは大ちゃん(有岡大貴)。Jr.の頃、ハワイに行ったときにケンカしてトムとジェリーみたいな追い掛けっこをしてた。体に触った、触ってないみたいな理由で(笑)。最終的にいつも大ちゃんから先に謝って俺のことを許してくれた。大ちゃんは本当に大人だし、心が広いなって当時からずっと思います」

ーー現在は「ディソナンスをみんなが起こさないようにしてる」と。

「悪い意味じゃなくてね。何かあったらその都度言うし、その言い方もみんな学んできてる。大人になって、そういうのは起きにくくなったと思います。15周年の今年は、ファンの皆さんと触れ合える場所を絶対に作りたい。前回のツアーが2カ所だけ中止になって、残念な思いをさせちゃった人も多いと思う。この前、ドラマの警備のスタッフさんが、僕のファンの方にポロっと言われたことを教えてくれたんです。『中止になったライブに行く予定だったから寂しいんです』って。それを聞いて、だよな、何とかしなきゃって思いに一層なった。人に求められることは素直にうれしいし、ありがたいし、自分の存在意義だと思う。10周年はいろんな方に盛り上げてもらったから、今回は"15周年です"ってお知らせするとともに、新しいことにチャレンジする機会もあればいいなと思ってます」

元記事で読む
の記事をもっとみる