1. トップ
  2. <ベイマックス!>アメリカでトレンド入り!“お助けヒーロー”の新たな物語に癒される

<ベイマックス!>アメリカでトレンド入り!“お助けヒーロー”の新たな物語に癒される

  • 2022.6.30
  • 134 views
ベイマックスが街の人々を助けに駆けつける! 「ベイマックス!」より (C)2022Disney
ベイマックスが街の人々を助けに駆けつける! 「ベイマックス!」より (C)2022Disney

【動画を見る】新たな冒険が始まる「ベイマックス!」予告編

2014年公開の映画から大人気キャラクターとなったベイマックスが主人公となる新シリーズ「ベイマックス!」。人の心と体を守るために開発されたケア・ロボットのベイマックスが、“街のお助けヒーロー”として奮闘する物語だ。同作が6月28日に一挙6話配信され、本国アメリカではトレンド入りする反響を呼んだ。(以下、ネタバレがあります)

ベイマックスの新たな冒険を描く

映画「ベイマックス」は2014年に公開され、第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。舞台となった架空都市・サンフランソウキョウが、サンフランシスコと東京をミックスしたような雰囲気ということで日本でも親しみを持つ観客は多く、日本の興行収入は90億円を突破する大ヒットとなった。

ベイマックスは、瞳で心と体の健康状態をスキャンし、傷ついた人のSOSをキャッチできる能力を持つケア・ロボット。今回の新シリーズは動画配信サービス・ディズニープラスで配信され、ベイマックスが“お助けヒーロー”として街に繰り出す様子が描かれる。

社会的テーマも含んだ深いストーリー展開

新シリーズは、全6話で各話10分ほどの短編。しかし、初めて生理になった女の子についてなど、社会性のあるテーマにも切り込んだ奥深いストーリーになっている。

街の人々の「痛い!」「どうしよう」という言葉を聞きつけて駆け付けるベイマックス。プログラミングされた1万通りの治療法から最適なものをアドバイスしていく。ただ、純粋に助けたいと願うベイマックスに対して、助けられたくないという人も。それにベイマックスは対応していくのか。また、ベイマックスにもピンチが訪れてしまうという展開に。

本国アメリカのTwitterでトレンド入り!

本国アメリカでは「Baymax」がトレンド入り。エピソードに共感する声や、アニメーションの美しさにも称賛が集まった。

日本でも「たかだか10分程度の登場キャラクター達にあそこまで愛着と個性を持たせる“仕掛け”に脱帽」「第3話、子供の頃にベイマックスに居て欲しかったと思う内容」「本当にいい話だったしちょっと泣いた」「短編とは思えない密度でグイグイ引き込む」「ベイマックスにひたすら癒されてほっこしりした」といった声が寄せられている。

元記事で読む
の記事をもっとみる